映像特典「プリヴィズリール集」より

興行収入80億円を突破した大ヒット作『シン・ゴジラ』のブルーレイ&DVD発売に先駆けて、特典映像の一部が公開された。

「今の日本に初めてゴジラが現れたら、我々は一体どうなるのか?」をテーマに描かれた本作。有事における閣僚、官僚、自衛隊、政治家の動きをリアルに描き、巨大不明生物との対決を高速かつドラマティックに展開が話題を呼び、リピーターが続出し、一大社会現象となった。 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから約60年が経ち、現在までに国内で製作された計28作品のシリーズ累計観客動員数が1億人を突破した。また、本作『シン・ゴジラ』の興行収入は、2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA」の 32億円を大幅に超え、80億円を突破し、本年国内で公開された実写映画最大のヒットとなっている。

3月22日(水)に発売される『シン・ゴジラ』Blu-ray 特別版には合計332分もの映像特典が収録されている。今回、庵野秀明 構成・編集 映像特典「プリヴィズリール集」より一部が先行公開された。プリヴィズ(Pre-Visualization)とは、映画の実制作に入る前に、様々な検証のため簡易な形で作る映像。「プリヴィズリール集」には、画コンテ、ロケハン写真、簡易CGなどによるプリヴィズ映像を中心に、本編撮影後の仮合成映像なども交えて庵野秀明総監督が自ら構成・編集を行った。今回公開された映像は、自衛隊がゴジラと対決する「タバ作戦」のシーンを抜粋。戦闘ヘリによるゴジラ迎撃の模様が、簡易 CG にも関わらず、目が離せない緊迫感をもって展開する。

Blu-ray 特別版の「スペシャル特典ディスク」には他にも蒲田上陸や、「ヤシオリ作戦」など多くの印象深いシーンのプリヴィズが収録されている。さらに、これまでほとんど公開されることのなかった最終的に本編で使用されなかった、プリヴィズ映像やミニチュア特撮映像をセレクトした<プリヴィズ・特撮アウトテイク集>や、本編シーンの別アングル集や、削除されたシーンを集めた<現場アウトテイク 未使用テイク集>、NGテイクをセレクトした<現場アウトテイクNGテイク集>、撮影セット内のテレビに映し出されるニュース番組などを集めた<現場アウトテイク 現場出しニュース・番組集>、本作で使用された様々な視覚効果を分解・再構築した<VFXメイキング~Shin Godzilla Visual Effect Breakdown~>、撮影現場を追い続けた映像ドキュメンタリー<現場メイキング>など、合計約193分もの貴重な映像が収録されている。

また、全てのセル商品に付く「特典ディスク」には、映画館や各所で公開されたプロモーション映像39種を集めた<プロモーション映像集>や、新宿バルト9で行われ、漫画家の島本和彦氏と庵野秀明総監督が登壇し話題となった“発声可能上映”など、全国各地で開催された8つのイベント映像を集めた<イベント記録映像集>を合計約139分収録。

映像特典「プリヴィズリール集」より

映像特典「プリヴィズリール集」より

『シン・ゴジラ』Blu-ray 特別版 3枚組

『シン・ゴジラ』Blu-ray 2枚組

映画『シン・ゴジラ』ブルーレイ&DVDは2017年3月22日(水)に発売!
※同時レンタル開始
©2016 TOHO CO.,LTD