ビジュアルコメンタリー収録時の様子

邦画興行収入歴代2位を記録した大ヒット映画『君の名は。』のBlu-ray&DVDに収録される特典映像<ビジュアルコメンタリー>の一部が先行公開された。

2016年8月26日の公開以来、口コミで評判が拡散され社会現象を巻き起こし、邦画の興行収入ランキング(興行通信社調べ)で歴代2位の成績を挙げ、15年ぶりに興行収入200億円を突破した本作。その勢いはアジアにも広がり、韓国・中国・タイ・台湾・ベトナムでは現地で公開された日本映画として歴代興収の新記録を打ち立てた。『秒速5センチメートル』(2007)、『言の葉の庭』(2013)など意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠が美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出した。さらに声の出演として、瀧役に演技派俳優・神木隆之介、ヒロイン・三葉役にはオーディションでその役を射止めた上白石萌音が本作を彩った。

今回、本作のBlu-ray&DVDに収録される、神木隆之介、上白石萌音、RADWIMPS(野田洋次郎、桑原彰、武田祐介)による<ビジュアルコメンタリー>の一部が公開された。瀧と三葉、男女が入れ替わるという難しい演技に挑戦した神木と上白石、映画音楽、そしてビジュアルコメンタリーに初挑戦となるRADWIMPSのメンバーが舞台裏を語り尽くしている。

公開された映像は、瀧と入れ替わった三葉が、瀧のバイト先で奥寺先輩との仲を深めていくシーン。中身が三葉の瀧を演じている神木は、客とのトラブルで破れてしまった奥寺先輩のスカートを直すため「スカート脱いで下さい!」とさわやかに発し、「いかに悪気なく言うか、いかに純粋に聞こえるか、気をつけた」と明かす。他にも、神木は前半ずっと三葉を演じており、瀧を演じるようになったのは後半からであったことや、上白石は「(神木演じる三葉の)可愛さのレベルが高すぎて、新海監督からはもっと可愛く、もっと女の子らしくと演出された」などの撮影秘話を披露している。

今回公開された映像の他にも、RADWIMPSメンバーそれぞれが自分が担当したシーンの音楽について、また新海監督からどんなオーダーがあったのかなど音楽制作の舞台裏も詳しく解説しており、『君の名は。』が出来るまでの裏話を明かしている映像特典となっている。神木が「壮大なネタバレが含まれる」というこのビジュアルコメンタリーの全貌は本編を観た後に堪能するとより楽しめることだろう。ビジュアルコメンタリーなど豪華映像特典は『君の名は。』Blu-ray コレクターズ・エディション、Blu-ray スペシャル・エディション 3枚組に収録されている。また、公開記念特番などの一部特典はスタンダード・エディションにも収録されている。

『君の名は。』Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定)

『君の名は。』Blu-ray スペシャル・エディション 3枚組

映画『君の名は。』Blu-ray&DVDは2017年7月26日(水)発売!
■Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定) 12,000円(税抜)
■Blu-ray スペシャル・エディション 3枚組 7,800円(税抜)
■Blu-ray スタンダード・エディション 4,800円(税抜)
■DVD スタンダード・エディション 3,800円(税抜)
※Blu-ray、DVD同時レンタル開始
発売・販売元:東宝
©2016「君の名は。」製作委員会