イラク戦争を題材に現代のアメリカ社会や戦争のあり方を問う社会派ドラマ『ビリー・リンの永遠の一日』がAmazon ビデオ ミニシアターにて10月4日(水)より期間限定で配信が開始される。

これまで数々の映画賞を手にしてきたアン・リー監督が描くのは弱冠19歳でイラク戦争の英雄となった青年兵ビリーの戦争体験と心の葛藤。映画史上最も美しくエモーショナルな映像にのせて、9・11以降のアメリカ社会のあり方、戦争とは何かを社会に問う感動の人間ドラマ。主演を務める期待の新星ジョー・アルウィンは、アン・リー監督に見初められ、本作が映画デビュー作となった。さらに、主人公が尊敬する部隊の上司役にはヴィン・ディーゼル、弟想いの姉役にはクリステン・スチュワートなど、盤石な共演陣が脇を固める。

本作を配信するのは、Amazon ビデオの新サービス「Amazon ビデオ ミニシアター」。10月より開始されるこのサービスは、国内未公開の映画作品を、日本で一番早く、期間限定で鑑賞することができる。この新サービスの記念すべき初回作品が、日本初上陸となる『ビリー・リンの永遠の一日』で、10月4日より10月31日までの期間限定で配信される。

ウェイド・ワカシゲ(Amazon ビデオ 事業本部長)コメント

このたびは、Amazonのお客様に、良質な映画を日本で初公開する新しいサービスをご提供することができ大変嬉しく思います。海外で多数受賞した映画でも、日本ではなかなか劇場公開されなかったり、海外劇場公開後からDVD発売やオンデマンド配信開始まで、最長1年以上かかることもあります。特に映画ファンのみなさまには「Amazon ビデオ ミニシアター」を通して、できるだけ早いタイミングで日本初公開の映画をご覧いただき、また、視聴できる映画作品数も増やしていくことで、Amazon ビデオのサービスをより楽しんでいただけると思います。

曽我謙介(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ホームエンタテインメント営業統括本部バイスプレジデント)コメント

このたび、Amazonと一緒にSPEJの日本初上陸作品を提供させていただけることを大変喜ばしく思います。SPEJホームエンタテインメント部門は、多彩なコンテンツを様々な方法で提供してきました。技術革新により情報が瞬時に世界を駆け巡り、コンテンツの趣味嗜好や消費方法が多様化していく中、好きな時に好きな場所で日本初上陸の作品をお楽しみいただける本サービスは非常に魅力的なものであると考えています。今回はお客様からの問い合わせが非常に多かった作品群をご用意させていただきました。本サービスを通して、一人でも多くのお客様に映画コンテンツの素晴らしさを体感していただければと思います。

2004年イラク戦争。味方を助けるため、危険を顧みずに飛び交う銃弾の中に身を投じたビリー・リン(ジョー・アルウィン)。その雄姿が偶然ニュースにとりあげられたことで国の英雄になった彼とチームは、一時帰国の間に全米凱旋ツアーに駆り出される。故郷の歓迎に再出兵をためらう気持ちが芽生えるビリーであったが、同時にその歓迎への疑念も生じる。そして、いよいよ戦地へ戻る前日、ツアー最大の目玉となる感謝祭のアメリカン・フットボールのハーフタイムイベントに迎えられたビリー。大歓声の中、彼は戦地を回想する―。

また、今後も『ホーンテッド・メモリーズ 戦慄ノ館』が2017年11月1日~11月28日に、『バンド・エイド』が11月29日~12月 26日に独占配信予定となっている。
※各作品のレンタル価格は一般価格1400円だが、今後作品によって変動する可能性があり

『ビリー・リンの永遠の一日』は2017年10月4日より10月31日までAmazonビデオ ミニシアターにて配信!
■レンタル価格 1,400円(72時間視聴可能)
 Amazonビデオ ミニシアター
発売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and S8 Billy Lynn, LLC. All Rights Reserved.