Blu-ray BOX


社会現象を巻き起こした“問題作”TBS野島伸司名作ドラマ『聖者の行進』が待望の初ブルーレイ化され、来年4月2日に発売されることが決定した。

ぼくたちの未来はひかりにみちているのか―。本作「聖者の行進」は、1998年1月からTBS系で放送され、放送当時、平均視聴率が20.7%、最高視聴率が22.1%(ビデオリサーチ・関東)を記録し、「高校教師」「人間・失格」「未成年」に続く、“TBS野島伸司シリーズ”第4弾として話題となったドラマ。衝撃的な内容が波紋を呼び社会現象になった傑作TVドラマが待望のBlu-ray BOXで発売される。

『聖者の行進』Blu-ray BOX

枚数:3枚組
価格:26,400円(税抜)
映像特典:
●全部見せます舞台裏
●宣伝スポット
●主要出演者インタビューを含む番宣番組
●タイトルバック(ノンクレジット版)
※約20分、DVDと同内容
封入特典:
●特製ブックレット

ストーリー

町田永遠(いしだ壱成)は母・町田基子(藤田弓子)と義理の父親、その連れ子で義理の弟の4人で暮らしていた。しかし、知的障害をもつ永遠との生活に疲れた家族のため、家を出て、同じハンディキャップをもつ青年、高原廉(安藤政信)・鈴(松本恵)の兄弟や水間妙子(雛形あきこ)、加賀美歩(渡辺慶)、猪瀬辰雄(小林正寛)らが働く工場に住み込みで働かなければならなくなる。働く彼らのつかの間の楽しみは工場に近い高校・啓明学園の音楽教師、葉川もも(酒井法子)がボランティアで教える音楽の授業に出かけ、皆で楽隊を組み「聖者の行進」を演奏する事だった。永遠もこれに加わる。一方、ももの教え子であり市長の娘・土屋ありす(広末涼子)は母を亡くしてから継母や学校に反抗し、河原に放置された廃バスを秘密の隠れ家にしていた。たまたま昼食をとりに河原に来た永遠はありすの落としたPHSを拾う。これをきっかけに永遠とありすは知り合うことになる。

『聖者の行進』ブルーレイは2019年4月2日(火)発売!
■Blu-ray BOX 26,400円 (税抜)
発売元:TBS 発売協力:TBSサービス 販売元:ハピネット
©TBS