エクステンデッド版 ブルーレイセット


ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のブルーレイ エクステンデッド版に収録される追加シーンよりニュートとダンブルドアの映像が一部公開された。

世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。その最新作では、前作に続きJ・K・ローリングが脚本を執筆し、デイビッド・イェーツ監督がメガホンを取る。本作の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、強大な敵の魔法使い、グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かう―。

今回、カットされてしまった未公開映像が約7分追加されているエクステンデッド版より一部映像が公開された。公開されたのは、映画序盤で主人公のニュートとダンブルドアが再会を果たした直後のシーン。2人は人目を避けるため、“姿くらまし”(瞬間移動できる魔法)で何度か場所を変えながら会話をしており、エクステンデッド版ではその会話シーンが丸ごと1つ追加されている。

本作では、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でニュートがダンブルドアの指示でニューヨークに行っていたことが明かされているが、公開された映像では、ニュートがなぜニューヨークに行かされたのかをダンブルドアに尋ねている。その後の会話では、「黒い魔法使い」グリンデルバルドが、強大な力”オブスキュラス”を宿すクリーデンスを使ってダンブルドアを殺そうとしている事を本人も知っていた事がわかり、本作の衝撃的な結末の伏線となっている。

エクステンデッド版にはこの他にも、魔法動物ニフラーやベビーニフラーの登場シーンが増えていたり、若きダンブルドアとマクゴナガルの会話シーンが追加されていたりと、ファンにはたまらない内容となっている。

未公開シーンの一部映像

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ブルーレイ&DVDは2019年4月24日(水)発売!
■【数量限定生産】エクステンデッド版 ブルーレイ プレミアム・エディション(3枚組/日本限定メイキングブックレット&”MINALIMA”豪華ブックレット付/7,000セット限定) 9,990円(税抜)
■【初回仕様】<4K ULTRA HD&エクステンデッド版ブルーレイセット>(3枚組/”MINALIMA”豪華ブックレット付) 7,990円(税抜)
■【初回仕様】3D&2Dエクステンデッド版 ブルーレイセット (3枚組/”MINALIMA”豪華ブックレット付) 6,990円(税抜)
■【初回仕様】エクステンデッド版 ブルーレイセット(2枚組/日本限定メイキングブックレット付) 3,990円(税抜)
■【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(2枚組/日本限定メイキングブックレット付) 3,990円(税抜)
■DVD 2,990円(税抜)
※同日よりブルーレイ&DVDレンタル開始
※同日よりデジタルレンタル配信開始
※3月20日(水)よりデジタルセル先行配信開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Wizarding World™ Publishing Rights © J.K. Rowling. © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.