佐久間由衣初主演映画『“隠れビッチ”やってました。』のDVDが5月13日(水)に発売されることが決定した。

タイトルの“隠れビッチ”は、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、メイクはシンプル、髪色は暗め、肌の露出も15%程、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指す。彼女たちは従来の「肉食系女子」のようにハンティング意欲が旺盛である事は周囲に悟られず、一見コンサバなごく普通の女性と見せかけて、あらゆる種類の思わせぶりな態度をとりながら男性の心を揺さぶる天才。決して自分からは告白をせず、相手から告白をされるまで罠を仕掛け続ける。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。出演は、本作が映画初主演となる佐久間由衣に加えて、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來など多彩な顔ぶれがそろった。

『“隠れビッチ”やってました。』DVD

枚数:1枚組(本編ディスク〔DVD〕×1枚)
価格:4,700円(税抜)
映像特典:●メイキング

ストーリー

26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ねひ」とたしなめるも、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れるも、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃され、すっかり醜態をさらしてしまう。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、封印してきた過去と向き合い始める。本当のしあわせに気づいた時、彼女が出した答えとは・・・。

映画『“隠れビッチ”やってました。』DVDは2020年5月13日(水)発売!
■DVD 4,700円(税抜)
※同日よりDVDレンタル開始
監督・脚本:三木康一郎
出演:佐久間由衣/村上虹郎、大後寿々花、小関裕太/森山未來、前野朋哉、片桐仁、前川泰之、栁俊太郎、戸塚純貴、笠松将、田中偉登、岩井拳士朗、山本浩司/渡辺真起子、光石研
発売元:東映ビデオ株式会社 販売元:東映株式会社
©2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナズ/光文社