『エクス・マキナ』T1
本年度アカデミー賞で視覚効果賞を受賞したSFスリラー『Ex Machina(原題)』が『エクス・マキナ』の邦題で6月11日(土)より全国で公開されることが決定した。

本年度アカデミー賞で『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『オデッセイ』『レヴェナント:蘇えりし者』などの並み居る大作を退け、見事に視覚効果賞に輝いた本作。邦題は、ラテン語で“機械仕掛けの”という意味の原題を活かした『エクス・マキナ』に決定した。

美しい女性型ロボット“エヴァ”には、先週末より日本でも公開された『リリーのすべて』で本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞し、10月に日本公開予定の『ジェイソン・ボーン』ではヒロインを務め、ルイ・ヴィトンの2015年秋冬キャンペーンのミューズとしても活躍するなど、今最も旬な女優として注目を集めるアリシア・ヴィキャンデル。“ブルーブック”社員のケイレブには、日本でも大ヒットを記録した『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』でタイムトラベル能力を持つ主人公のティムを演じ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではファースト・オーダーを指揮するハックス将軍に抜擢されるなど、実力派俳優として活躍するドーナル・グリーソン。そして、“ブルーブック”社長のネイサンには、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』でゴールデングローブ賞を始め数々の映画賞にて主演男優賞にノミネートされ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではレジスタンスで宇宙一のパイロットのポー・ダメロンを演じるなど、演技派俳優として名高いオスカー・アイザック。

本作で監督デビューを果たし、本年度アカデミー賞では脚本賞にノミネートされたのは、『ザ・ビーチ』の原作者であり、『28日後…』や『わたしを離さないで』で脚本を務めるなど、数多くの話題作を手掛けているアレックス・ガーランド。

VFXを駆使したスタイリッシュなビジュアルと、登場人物も場所も限定されたミニマムなストーリーテリングで、人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を描いた全てがアップデートされた最新のSFスリラーが遂に日本に上陸する。

映画『エクス・マキナ』は2016年6月11日(土)よりシネクイントほか全国で公開!

監督・脚本:アレックス・ガーランド
出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック

(C)Universal Pictures