『ラ・ラ・ランド』
© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.


第74回ゴールデングローブ賞授賞式が1月8日(現地時間)にロサンゼルス・ビバリーヒルトンで行われた。

ゴールデングローブ賞は映画部門とテレビ部門に分かれており、さらにドラマやミュージカル/コメディ部門と分かれている。映画部門では、アカデミー賞前哨戦での受賞が目立つ『ラ・ラ・ランド』が最多7部門、『ムーンライト』が6部門でノミネートされていた。

最多ノミネートの『ラ・ラ・ランド』が7部門全てで受賞する快挙を見せた。続けて『Elle(原題)』が女優賞(イザベル・ユペール)、外国語映画賞の2部門を受賞した。また、6部門でノミネートされていた『ムーンライト』は作品賞(ドラマ部門)の受賞となった。映画部門の受賞結果は下記の通り。

テレビ部門はこちら

ノミネート作品
Nominees

◆作品賞(ドラマ部門)
 Best Motion Picture – Drama

『Hacksaw Ridge(原題)』
『最後の追跡』
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ムーンライト』

◆作品賞(コメディ/ミュージカル部門)
 Best Motion Picture – Comedy or Musical

『20th Century Women(原題)』
『デッドプール』
『マダム・フローレンス!夢見るふたり』
 『ラ・ラ・ランド』
『シング・ストリート未来へのうた』

◆女優賞(ドラマ部門)
 Best Performance by an Actress in a Motion Picture – Drama

エイミー・アダムス『メッセージ』
ジェシカ・チャステイン『Miss Sloane(原題)』
 イザベル・ユペール『Elle(原題)』
ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

◆男優賞(ドラマ部門)
 Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama

 ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
アンドリュー・ガーフィールド『Hacksaw Ridge(原題)』
ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』
デンゼル・ワシントン『Fences(原題)』

◆女優賞(コメディ/ミュージカル部門)
 Best Performance by an Actress in a Motion Picture – Comedy or Musical

アネット・ベニング『20th Century Women(原題)』
リリー・コリンズ 『Rules Don’t Apply(原題)』
ヘイリー・スタインフェルド『The Edge of Seventeen(原題)』
 エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
メリル・ストリープ『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

◆男優賞(コメディ/ミュージカル部門)
 Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Comedy or Musical

コリン・ファレル『ロブスター』
 ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
ヒュー・グラント『マダム・フローレンス!夢見るふたり』
ジョナ・ヒル『War Dogs(原題)』
ライアン・レイノルズ『デッドプール』

◆助演女優賞
 Best Performance by an Actress in a Supporting Role in any Motion Picture

ナオミ・ハリス『ムーンライト』
ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』
ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
 ヴィオラ・デイヴィス『Fences(原題)』

◆助演男優賞
 Best Performance by an Actor in a Supporting Role in any Motion Picture

マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』
サイモン・ヘルバーグ『マダム・フローレンス!夢見るふたり』
デヴ・パテル『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
 アーロン・テイラー=ジョンソン『Nocturnal Animals(原題)』

◆監督賞
 Best Director – Motion Picture

 デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
トム・フォード『Nocturnal Animals(原題)』
メル・ギブソン『Hacksaw Ridge(原題)』
バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

◆脚本賞
 Best Screenplay – Motion Picture

 デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
トム・フォード『Nocturnal Animals(原題)』
バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
テイラー・シェリダン 『最後の追跡』

◆アニメ映画賞
 Best Motion Picture – Animated

『Kubo and the Two Strings(原題)』
『モアナと伝説の海』
『My Life as a Zucchini(原題)』
『SING/シング』
 『ズートピア』

◆外国語映画賞
 Best Motion Picture – Foreign Language

『ディヴァイン』(フランス)
 『Elle(原題)』(フランス)
『Neruda(原題)』(チリ)
『The Salesman(原題)』(イラン/フランス)
『Toni Erdmann(原題)』(ドイツ)

◆作曲賞
 Best Original Score – Motion Picture

ニコラス・ブリテル『ムーンライト』
 ジャスティン・ハーウィッツ『ラ・ラ・ランド』
ヨハン・ヨハンソン『メッセージ』
ダスティン・オハロラン& ハウシュカ『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムス&ベンジャミン・ウォルフィッシュ『Hidden Figures(原題)』

◆主題歌賞
 Best Original Song – Motion Picture

Can’t Stop The Feeling!『Trolls』(原題)
 City Of Stars『ラ・ラ・ランド』
Faith『SING/シング』
Gold『Gold(原題)』
How Far I’ll Go『モアナと伝説の海』