クロージング・セレモニー登壇者


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017が7月23日(日)に閉幕し、各賞の受賞結果が発表された。

7月15日(土)から9日間に渡り、SKIPシティ(埼玉県川口市)を中心に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。本映画祭は、2004年にスタートして今年で14回目を迎え、デジタルシネマにフォーカスし、若手映像クリエイターの登竜門として、映像表現の可能性とエンターテインメント性を備えた作品を上映する国際コンペティション映画祭。メインとなるコンペティション部門は、長編部門、短編部門、アニメーション部門が設けられている。

今回、コンペティション3部門における各賞受賞結果が発表された。国際コンペティションとなる長編部門は、ノルウェー作品『愛せない息子』が受賞し、監督賞には本映画祭で初となる海外ドキュメンタリー作品の『中国のゴッホ』が受賞した。

長編部門(国際コンペティション)受賞結果

長編部門『愛せない息子』
©Norsk Filmdistribusjon / Motlys

最優秀作品賞

『愛せない息子』
2017年/ノルウェー/103分
監督:アーリル・アンドレーセン

長編部門『中国のゴッホ』
©YU Haibo

監督賞

『中国のゴッホ』
2016年/中国、オランダ/81分
監督:ハイボー・ユウ、キキ・ティエンチー・ユウ

長編部門『市民』

審査員特別賞

『市民』
2016年/ハンガリー/109分
監督:ローランド・ヴラニク

長編部門『三尺魂』
©三尺魂2017

SKIPシティアワード

『三尺魂』
2017年/日本/93分
監督:加藤悦生

『愛せない息子』ヒルデ・スサン・ヤークトネス(脚本)コメント

動物の赤ちゃんには、生まれたその日から立ち上がって走りださなければならない種もいる。しかし人間の子供は、何年もの間、自分では何もできず親に頼らなくては生きていけない。本作の企画の始まりは、もし親が子供を愛せないというタブーが起きた場合どうなるか、ということだった。この映画をご覧になった方の中に、もし親として子育てに悩んでいる方がいたら、その問題に目を背けるのではなく、オープンに話し合うことが大事だと気づいて欲しい。

短編部門(国内コンペティション)受賞結果

最優秀作品賞『冬が燃えたら』
奨励賞『サイレン』『追憶ダンス』

『冬が燃えたら』浅沼直也監督コメント

この作品はキャスト2人とスタッフ3人だけで、本当に手作りで作った。制作中は、行き届かないところがあったと思うが、最後までしっかり、僕の言っていることを汲み取って、本当に助けていただいた。主演の澤田和宏とは、十年来の友達で、苦労を共にした仲間なので、ありがとうと伝えたい。グランプリを頂いたことを自分の励みにして、これからも映画制作を頑張っていきたい。

アニメーション部門(国内コンペティション)受賞結果

最優秀作品賞『I think you’re a little confused』
奨励賞『The Interpreter』『竹田駅メモリーズ』

『I think you’re a little confused』小川育監督コメント

トロフィーがすごく重くて(笑)、賞の重みを感じる。この作品は大学院の修了制作として制作したもので、学生として最後の作品だったので、このような賞をいただいて、大変うれしく思う。今は仕事をしているので、なかなか自分の作品を制作するのが難しいが、今回の受賞を糧に自分の作品をもっと作りたいなという思いが強まった。

長編部門 国際審査委員長 黒沢清コメント

本当にいろいろな国の映画が集められていて、正直どれもかなりレベルが高く、改めて世界中にこんなに優れた映画がたくさんあるんだなということを認識した。今回の受賞作品は、これまでどの映画祭でも紹介されてこなかった、本当に新しい映画だったというのが、素直な喜びだった。受賞された方たちは、さらに世界的な評価を高めていく才能のある作家たちだと思うが、彼らを発見したのは、ここ川口だと大いに誇っていいのではないかと思う。