『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』オリジナル・サウンドトラック

古き日本を描いたストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のオリジナル・サウンドトラックが11月15日(水)に発売される。

数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰スタジオ・ライカが、今回挑んだのは“古き日本”。情感あふれる日本の風景や風習を、息を飲む美しさで描いた本作は、本年度アカデミー賞や全世界の映画賞を総なめし話題を呼んだ。監督には、黒澤明や宮崎駿を敬愛するトラヴィス・ナイト。シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラら超豪華俳優陣がボイスキャストを務める。ライカの最先端クリエーターたちが、壮大なセットの中で人形や美術を1コマ1コマ動かし、1秒間の映像のために24枚の写真を撮影しながら作り上げた努力と愛情の結晶に、名だたるキャストたちが命を吹き込む。大人にこそ観てほしい、圧巻のストップモーション絵巻がついに上陸する。

本作のオリジナル・サウンドトラックが11月15日(水)に発売される。本作の音楽を担当するのは、『エベレスト 3D』(2015)、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(2015)、『アンナ・カレーニナ』(2012)などを手掛けるイタリアの作曲家、ダリオ・マリアネッリ。

英語版・日本語吹替え版ともにエンディングを飾るテーマ曲は「While My Guitar Gentry Weeps」のカバー。原曲はビートルズのオリジナルアルバム「ザ・ビートルズ」(通称、ホワイト・アルバム)に収録されており、英語版はレジーナ・スペクターが、日本語吹替え版は吉田兄弟によって三味線のアレンジがされている。実はこの三味線によるアレンジは「以前、津軽三味線でカバーしたことがあり、津軽三味線に合う曲だとわかっていた」と吉田兄弟自身も語るほどで、「普段カバーは滅多にやらないけど、この曲は安心して演奏できました」と本アレンジに自信を見せている。

また、テーマ曲以外にも、「Story Time」や「Origami Birds」を中心に、三味線の音色が心地よい、日本の文化を強く意識した楽曲が並んでいる。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』オリジナル・サウンドトラック
発売日:2017年11月15日(水)
価格:2,600円(税抜)
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
品番:WPCS-13744
トラックリスト:
1.The Impossible Waves
2.Kubo Goes to Town
3.Story Time
4.Ancestors
5.Meet the Sisters!
6.Origami Birds
7.The Giant Skeleton
8.The Leafy Galleon
9.Above and Below
10.The Galleon Restored
11.Monkey’s Story
12.Hanzo’s Fortress
13.United-Divided
14.Showdown with Grandfather
15.Rebirth
16.While My Guitar Gently Weeps / レジーナ・スペクター
17.While My Guitar Gently Weeps(Bonus Track) / 吉田兄弟

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は2017年11月18日(土)より新宿バルト9ほか全国で公開!
監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ
配給:ギャガ
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.