サニーズ「ロマンス交差点」

自分を人間だと思い込む猫がアラサー女子に恋をする映画『猫は抱くもの』のエンディングソング「ロマンス交差点」が配信決定し、併せてミュージックビデオとメイキング映像が解禁された。

本作は、“アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサー女性”沙織と、“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”良男の関係を描いた、ちょっと不思議なハートウォーミングな物語。本作が6年ぶりの主演となる沢尻エリカは、「犬童監督の作品にはいつか出演してみたかった」と出演オファーを即決。自分をうまく表現できず思うように生きられない30代女性のもどかしさを、繊細に表現している。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは吉沢亮。メガホンをとるのは、繊細な恋愛ドラマから歴史大作まで幅広いジャンルで演出の冴えを見せてきた犬童一心監督。

今回、5月23日(水)よりiTunes、レコチョク等で配信が決定したエンディングソング「ロマンス交差点」は、劇中で沙織(沢尻)がかつて所属していたアイドルグループ「サニーズ」の唯一のヒット曲として登場する。沙織にとっては大切な一曲でありながらも、アイドルだったころの夢をあきらめたことを想起させる歌として、劇中の重要なナンバーとなる。シンガーソングライター奥村愛子による、17歳の甘酸っぱい気持ちを歌ったドキドキ感のあるドリーミーな歌詞と、益田トッシュがプロデュースを手掛けた、90’sフレイバー満載のメロディーとグルーヴ感たっぷりな楽曲が奇跡の融合。「いまだに鼻歌を歌ってしまうほど、ロマンス交差点は何度も歌った」と沢尻に言わしめるほど、一度聞くと耳に残るインパクトを与える。

併せて解禁されたMVで披露されるサニーズのダンスにも注目だ。振り付けを担当したのは、新垣結衣が出演していたグリコ「ポッキー」や菅田将暉の「ファンタレモン+C」などのCMの振り付けから楽曲、映画など幅広く振り付けを行っている振付師・香瑠鼓。彼女の初期代表作であるWink「淋しい熱帯魚」を思わせる懐かしさとキャッチ―でキュートなダンスが披露されている。

そしてなんといっても本映像ではアイドルスマイル全開で踊る沢尻エリカの姿が印象的だ。表現者として今までにない新しい魅力を発揮している。緑色の衣装を着た時子を演じているのはファッション誌「Oggi」の専属モデルとして活躍し、本作で映画初出演を果たした林田岬優。劇中では黒白ブチの猫の役にも挑戦しており、本作をきっかけに今後の活躍が期待される。さらにサニーズのリーダーである赤い衣装のナッツンをICONIQとしても知られる伊藤ゆみが演じており、彼女のアイドル姿も楽しむことができる。

沢尻は「サニーズの撮影もとっても楽しかった。皆が楽屋にいた時に、歴代のアイドルのキャッチコピーを参考にながら、各々でキャッチコピーをつけて冗談まじりに監督に提案したところ、それが実際に劇中で使われる事になって驚いた」と振り返る。伊藤ゆみも同じ感想を抱いたようで「私自身もアイドル出身なので、みんなでダンスを覚えたり、レコーディングしたり、楽屋でわいわいとお喋りしたり、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。メンバーそれぞれキャラクターが違うので、そういったところも注目してほしい」とコメント。沢尻演じるサオリン(沙織)のキャッチコピー「ツンデレ、デレぬき、さおりんです」は、こうした中で生まれた。

「今回の主人公は、元アイドルという特殊な設定だが、沙織の年齢に近しい女性たちには、きっと彼女の戸惑いや悩みを共感してもらえるのでは、と思います」と語る沢尻。サニーズの沙織として演じる彼女について評論家は「ただ輝くアイドル時代を演じた訳ではなく、センターにはなれないアイドル、でも自分なりにひたむきに頑張っているアイドルとして切なさが伝わる演技を魅せてくれた」と高評価。

また、MVともにメイキング映像も解禁された。振付の指導に対し、真剣に耳を傾けるメンバーの姿や、マンツーマンで指導を受ける沢尻の姿などが映し出されている。劇中オリジナル楽曲とは思えないクオリティはこのメイキング映像の通り、彼女達の努力によって実現できたということがよくわかる映像となっている。

さらに「ロマンス交差点」は、JOYSOUNDでカラオケ最新楽曲として配信される。5月23日から全国のJOYSOUND設置店で、映画『猫は抱くもの』公開前にいち早くサニーズの最強にしてキュンとなる“最キュン”ナンバーを思う存分歌って踊れる。

映画『猫は抱くもの』は2018年6月23日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:犬童一心
原作:大山淳子「猫は抱くもの」(キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ/岩松了
配給:キノフィルムズ
©2018 『猫は抱くもの』製作委員会