本年度カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品『Girls of the Sun(原題)』が『バハールの涙』の邦題で来年1月下旬より公開されることが決定した。

本作は、捕虜となった息子を助け出すため、銃を取って立ち上がったクルド人女性と、片眼の戦場ジャーナリストの“真実”の物語。女弁護士のバハールは愛する夫と息子に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある日、クルド人自治区の故郷の町でIS(イスラミックステート)の襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。数か月後、バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、最前線でISと戦う日々をおくっていた。同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通し、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、内戦を生き抜くバハールの姿が映し出されていく。

主演は“世界で最も美しい顔100人”トップ10の常連で、『パターソン』の好演が記憶に新しいイランを代表する女優ゴルシフテ・ファラハニと、カンヌ国際映画祭女優賞受賞歴のある演技派エマニュエル・ベルコ。監督は自ら内戦が続くクルド人自治区に赴き女性戦闘員たちを取材、登場人物たちの心情に寄り添った描写に定評のある新進監督のエヴァ・ウッソン。

本作は2014年8月3日、ISの攻撃部隊がイラク北部のシンジャル山岳地帯に侵攻した出来事から着想を得ている。当時イラク南部からシリア間においてISに占領されていなかった最後の地域であり、戦略上、シンジャルの占拠は重要であった。地域一帯が一斉に襲撃され、そこで暮らしていた約30万人の少数民族ヤズディ教徒が奇襲攻撃を受けた。逃げ遅れた男性は皆殺され、女性は一人残らず捕らわれた。先日2018年ノーベル平和賞を受賞した、自らも性暴力の被害者として、その実態を世界に訴え続けるシンジャル出身・ヤズディ教徒のナディア・ムラドさんと境遇を同じくし、ひるまず立ち上がりISと戦うバハールたちの生き様は、今もイラク、シリアで続く現実そのものであり、観る者の胸に響く。

ストーリー

女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、クルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、戦う日々を送っていた。

映画『バハールの涙』は2019年1月下旬より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国で公開!
監督・脚本:エヴァ・ウッソン
出演:ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ
配給:コムストック・グループ+ツイン
©2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Télévision belge)