フランスを代表する女性監督クレール・ドゥニの最新作『High-Life(原題)』が『ハイ・ライフ』の邦題で4月19日(金)より公開されることが決定した。

遥か彼方、太陽系外の宇宙。孤独な旅を続ける宇宙船に乗り込んでいたのは死刑囚たち。彼らは極刑の免除と引き換えに、ある実験のために宇宙船の中で生活していたのだ。死刑囚たちへの実験を行っていたのは、美しい女性科学者・ディブス医師(ジュリエット・ビノシュ)。彼女の目的は、信じられないほどに衝撃的なものだった―。

本作は、フランスを代表する巨匠クレール・ドゥニ監督が、初めて挑むSF作品であり、初めての英語劇による長編映画。主役には、監督が『トワイライト』から注目していたというロバート・パティンソンを抜擢、ミステリアスな主人公モンテを演じている。また謎の科学者・ディブス医師を演じたのは、フランスを代表する国際女優であるジュリエット・ビノシュ。共演は『サスペリア』も話題のミア・ゴスが重要な役どころを演じている。フランソワ=ルノー・ラバルトが手がけたプロダクションデザインは、斬新だがレトロな雰囲気を観る者を感じさせ、往年の名作SF映画へのオマージュも感じさせるデザインワークも必見だ。宇宙船内という、“密室”で繰り広げられる、嫉妬、怒り、欲望と様々な人間模様がサスペンスフルに描かれる衝撃のSFスリラーの傑作に仕上がっている。

本作『ハイ・ライフ』は、トロント映画祭2018 GALAS部門にてプレミア上映され、大絶賛とブーイングが同時に巻き起こり、会場はめったに見られないほど騒然とした雰囲気に包まれた。しかし批評家からは映画祭で一、二を争うほどの絶賛を浴び、今をときめく配給会社「A24」が全米配給権を獲得、日本では4月に公開されることが決定した。

ストーリー

物語の舞台は近未来―太陽系をはるかに超えて、漆黒の宇宙に突き進んでいく一隻の宇宙船「7」。その乗組員であるモンテ(ロバート・パティンソン)や、彼の幼馴染の少女ボイジー(ミア・ゴス)など、9人のクルー全員が実は【元死刑囚】であった。彼らは、同乗している美しき科学者・ディブス医師(ジュリエット・ビノシュ)による、ある実験に参加することで過去の重犯罪から免れるが、地球へ帰る保証のない旅路を選んだのだった。そんな中、彼らの船に目標地である「ブラックホール」が少しずつ迫ってきていた・・・。彼らの旅路の行き着く先は一体―。

映画『ハイ・ライフ』は2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開!
監督・脚本:クレール・ドゥニ
出演:ロバート・パティンソン、ジュリエット・ビノシュ、ミア・ゴス
配給:トランスフォーマー
© 2018 PANDORA FILM – ALCATRAZ FILMS