今回解禁された場面写真


思い出の味で家族の時間を取り戻す、唯一無二の新しいおみおくり―『最初の晩餐』の予告編と場面写真が解禁された。

父が亡くなった。通夜の夜、母が仕出し屋を突然キャンセルし、出した「通夜ぶるまい」は目玉焼きだった―。みんなが戸惑う中、次々と出てくる料理。それは父が残した1冊のノートから作られた思い出の料理だった。父との時間が蘇り、家族も知らなかった秘密も浮き彫りになっていく―。主人公・麟太郎役を染谷将太、姉・美也子役を戸田恵梨香、兄シュン役を窪塚洋介、さらに斉藤由貴、永瀬正敏が両親役で圧倒的な存在感を見せる。また、新海誠監督『天気の子』のヒロインに抜擢された森七菜や白石晃士監督『地獄少女』の楽駆をはじめとする、若手俳優陣の瑞々しい演技も注目だ。

今回、本作の予告編が解禁された。亡くなった父(永瀬正敏)の通夜の夜、母(斉藤由貴)が仕出し屋を突然キャンセルし、驚きを隠せない妹・美也子(戸田恵梨香)。そして、運ばれてきた“通夜ぶるまい”は、なんと・・・目玉焼き。みんなが戸惑う中、次々と出される料理にあることを気づいた麟太郎(染谷将太)。この特別な“通夜ぶるまい”を通じてなくなった父との思い出、そして家族も知らなかった秘密までも浮き彫りになっていく。予告編だけでも、誰もが、自分の家族のことを思い起こさずにはいられない、この秋、日本中を静かな感動で包み込む、心を揺さぶる珠玉の映像となっている。

併せて解禁された場面写真で印象的なのは、通夜で久しぶりに過ごす家族の姿と、亡くなった父と過ごしてきた、ごく普通の家族のたわいない思い出の日々。100人の人がいれば100の家族がある。その普遍的かつ奥深い家族の物語がもつ”特別さ”が、数々の場面写真を通じて優しくて明るい温もりある雰囲気を醸し出している。

さらに、本作のムビチケが7月26日(金)より発売開始される。前売り特典は、ポスタービジュアルのポストカード、そして常盤司郎監督と二十年来の付き合いの「深夜食堂」漫画家・安倍夜郎先生の描き下ろし“目玉焼き”イラストが収められたポストカード2種セット。ムビチケは1,400円(税込)で、特典はなくなり次第、終了。(一部劇場を除く)

予告編

映画『最初の晩餐』は2019年11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督・脚本・編集:常盤司郎
出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏、森七菜、楽駆、牧純矢、外川燎、池田成志、菅原大吉、カトウシンスケ、玄理、山本浩司、小野塚勇人、奥野瑛太、諏訪太朗
配給:KADOKAWA
©2019『最初の晩餐』製作委員会