全く新しい視点でゴッホを描いた傑作ドキュメンタリー『VAN GOGH – OF WHEAT FIELDS AND CLOUDED SKIES(英題)』が『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』の邦題で10月25日(金)より公開されることが決定した。

美術史において最も偉大な画家のひとりとされるフィンセント・ファン・ゴッホ。その死後、ほぼ無名だった彼の作品に出会い、個人コレクターとしては最大規模の約300点を収集したのは、あるひとりの女性だった。彼女の名前はヘレーネ・クレラー・ミュラー。オランダ有数の資産家であり、4人の子どもの母でもあった彼女は、娘を通わせていた絵画教室で芸術に触れ、絵画コレクションを始めた。ゴッホ作品を中心とした、その一大コレクションは1938年にクレラー=ミュラー美術館として結実した。本作では、ゴッホが修業時代に書いた素描画から死の直前まで変化し続けた作風を、波乱の人生を重ね合わせて解説する。

本作では「ファン・ゴッホ 麦と空の間に」展キュレーターでゴッホ研究の第一人者であるマルコ・ゴルディンが監修を務め、ゴッホが修業時代に描いた素描画から自殺の直前まで変化し続けた作風を、波乱の人生と重ね合わせて解説する。また、『人間の値打ち』(13)や『歓びのトスカーナ』(16)などで知られるヨーロッパを代表する女優、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキがガイド役として登場。ゴッホとヘレーネが残した膨大な手紙から、芸術と人間の生を探究する2人の深層に迫る。監督はイタリアを拠点にアート・ドキュメンタリーを手掛けるジョヴァンニ・ピスカーリア。

ストーリー

1890年に自ら命を絶ったゴッホ。生前は作品が評価される機会も少なく、死後は遺族がほとんどの作品を所有していたため、無名の存在に近かった。そんなゴッホの作品と出会い、個人収集家としては最大規模の300点(うち油彩は85点)を収集したのはヘレーネ・クレラー=ミュラー。オランダ有数の資産家であり、4人の子供の母でもあった彼女は、1906年頃から絵画のコレクションを始めた。彼女の興味はゴッホが影響を受けた画家たちにも広がり、一大コレクションは1938年にクレラー=ミュラー美術館として結実した。彼の作品を収集し美術館まで設立したある人物を通して、ゴッホの人物象と作品に迫るアート・ドキュメンタリー。

映画『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』は2019年10月25日(金)より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開!
監督:ジョヴァンニ・ピスカーリオ
配給:アルバトロス・フィルム
©2018- 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved