レイモンド・カーヴァーの名作短編を現代的に蘇らせる長編アニメーション映画『新しい街ヴィル・ヌーヴ』の公開日が9月12日(土)に決定、併せて世界の“独立”系アニメーション作品を特集する前夜祭企画の開催が決定した。

ヴェネチア映画祭にてワールドプレミア上映された後アヌシー、ザグレブ、オタワなど名だたる映画祭にてコンペティション上映された本作。1995年、カナダからの独立を目指し住民投票を行ったケベック州(フランス語圏)。最終的に1%の差で敗れた独立派が、もし1%の差で勝利していたとしたら?そんなパラレルワールドの世界で再開する元カップルの再生と独立を描く長編アニメーション作品。村上春樹が日本に紹介したアメリカの小説家レイモンド・カーヴァーの隠れた名作「シェフの家」を原作とした全編墨絵の本作。

今回、シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)での初日が9月12日(土)に決定、併せて世界の“独立”系アニメーション作品を特集する前夜祭企画の開催が、9月5日(土)より同劇場にて開催されることが決定した。なお本作はシアター・イメージフォーラムでの公開後、大阪・テアトル梅田、京都・出町座、長野・上田映劇など全国で公開される。

9月5日(土)より開催される「世界の名作”独立“系アニメーション特集」では、『新しい街ヴィル・ヌーヴ』と同じくインディペンデントに製作されつつも、世界的に高い評価を受ける4作品が上映される。独立が重要なモチーフとなっている『新しい街ヴィル・ヌーヴ』の公開を記念するとともに、新しいアニメーションの潮流を作り出している作品を一望できるチャンスだ。

前夜祭企画「世界の名作”独立”系アニメーション特集」

期間:2020年9月5日(土)~11日(金)各日21:00より
劇場:シアター・イメージフォーラム
上映作品:
9月5日(土)・9日(水)
『父を探して』
アレ・アブレウ監督/ブラジル/2013年/80分
※アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネート
9月6日(日)・10日(木)
『明日の世界ドン・ハーツフェルト作品集』
ドン・ハーツフェルト監督/アメリカ/2012~2015年/計79分
※『明日の世界』(ドン・ハーツフェルト監督/アメリカ/2015年)はアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート
9月7日(月)・11日(金)
『大人のためのグリム童話手をなくした少女』
セバスチャン・ローデンバック監督/フランス/2016年/76分
9月8日(火)
『コンシューミング・スピリッツ』
クリス・サリバン監督/アメリカ/2012年/136分
料金:一般1,300円/学生・シニア・会員・サービスデー1,200円
特別割引:『新しい街ヴィル・ヌーヴ』の前売鑑賞券をお持ちの方は特別価格1,000円にて鑑賞できる。

映画『新しい街ヴィル・ヌーヴ』は2020年9月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開!
監督:フェリックス・デュフール=ラペリエール
声の出演:ロベール・ラロンド、ジョアンヌ=マリー・トランブレ、テオドール・ペルラン
配給:ニューディアー
©L’unité centrale