ABEMAのレギュラー番組『声優と夜あそび 月【安元洋貴×仲村宗悟】#24』が12月14日(月)に配信された。

『声優と夜あそび』は、総勢12人の人気声優がMCを務めるABEMAオリジナル声優レギュラー番組。2020年4月から『声優と夜あそび2020』として新MC体制となり、月曜日は安元洋貴と仲村宗悟、火曜日は下野紘と内田真礼、水曜日は小松未可子と上坂すみれ、木曜日は浪川大輔と石川界人、金曜日は関智一と森久保祥太郎、そして金田朋子と木村昴が平日毎日配信となる「繋(コネクト)」のMCを務める。

12月14日(月)の配信には田所あずさがゲスト出演。安元とはテレビアニメ『神達に拾われた男』で共演、仲村がパーソナリティを務めるラジオにゲスト出演したこともあり、MCの2人とはすっかり打ち解けている様子。オープニングトークから、安元と息の合ったトークを繰り広げ、仲村のボケにも絶妙な合いの手を入れていく。

そんな田所は、現在ABEMAアニメチャンネルにて地上波同時・無料最速配信中のテレビアニメ『神達に拾われた男』に、主人公リョウマ役で出演中。リョウマの転生元であるサラリーマン竹林竜馬役は安元が演じており、2人で作品の魅力を紹介した。田所は、「前世で人に優しくされてこなかったリョウマくんが、転生後の世界で出会った人たちに“おかえり”って言われるシーンが、染みるんです」と心が温まる物語であることを話し、安元も「リョウマくんの成長を見ていて・・・俺の中の“母性”が刺激される作品です」と語った。

新コーナー「マジなのは誰?ダミヘリアクション」も実施され、3人が提示されたお題を、視聴者から見えないように実行。しかし、本当に行っているのは1人だけで、あとの2人は演技をしているだけであり、視聴者はアンケート機能を使って「マジの(演技をしていない)人」を当てるというゲーム。最初のお題は「ビリビリボールペンを押したのは誰?」。押すと微弱な電気が流れるイタズラグッズを使い、それぞれ「いたたたっ!」「いたぁぁい!」「アッッ!」と悲鳴をあげるが、田所は思わずボールペンを投げてしまうほどの“マジ”なリアクションで、視聴者に見破られてしまう。

続く「針の穴に糸を通しているのは誰?」は、わざと大仰なリアクションをした仲村と、安元と田所の自然な演技が合わさって見事に視聴者を騙すことに成功。そして最後の「世界一のニガ茶を飲んでいるのは誰?」では、安元の名演技が光り、視聴者を騙すことに成功する。「そんなに不味いんだ・・・」と興味津々の田所は、安元と一緒に試飲を決行。「んああああ!」と顔をしかめる安元に対して、田所は「あぁ・・・出汁みたいです!」と、まったく動じない涼やかな表情。「私、出汁が大好きなんです!」と笑顔で話す田所の意外な一面に、安元と仲村は驚きの表情を浮かべた。

『声優と夜あそび 月【安元洋貴×仲村宗悟】#25』は、12月21日(月)22時~23時30分にABEMA「 アニメLIVEチャンネル」で配信。

『声優と夜あそび 月【安元洋貴×仲村宗悟】#24』概要

放送日時:2020年12月14日(月)22:00~23:30
放送チャンネル:アニメLIVEチャンネル
出演者:安元洋貴、仲村宗悟、田所あずさ(ゲスト)
ビデオURL: こちら
※限定映像を見ることができるプレミアム会員限定『声優と夜あそび プレミアム【安元洋貴×仲村宗悟】#24』は こちらで配信中。
©AbemaTV,Inc.

関連情報