映画音楽の巨匠、故・エンニオ・モリコーネの葛藤と栄光に迫る音楽ドキュメンタリー映画『ENNIO(原題)』が『モリコーネ 映画が恋した音楽家』の邦題で2023年1月より公開されることが決定し、併せて10月24日(月)に開幕する第35回東京国際映画祭のガラ・セレクション部門にて上映されることが決定した。

2020年7月に享年91歳で逝去したエンニオ・モリコーネ。1961年以来、500作品以上という驚異的な数の映画とTV作品の音楽を手掛けた。なかでも日本でも超ロングランヒットを記録、アカデミー賞外国語映画賞にも輝き、人生の喜怒哀楽のすべてを表すような旋律で情感豊かな映像と共に、人々の心に永遠に刻まれた『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)をはじめ、ジュゼッペ・トルナトーレが監督するほぼすべての映画音楽を手掛けた。そんな師弟関係とも呼べる2人による“最後のタッグ”であり、トルナトーレ監督だからこそ引き出せるモリコーネ自身の葛藤と栄光に迫る圧倒的音楽ドキュメンタリー映画である本作。

本作は、『ニュー・シネマ・パラダイス』はもちろん、『荒野の用心棒』(64)、『アンタッチャブル』(87)、『ヘイトフルエイト』(15)など、エンニオが音で命を吹き込んだ45作品にも及ぶ数々の傑作の名場面と、最高の音響環境で再現された日本公演を含むワールドコンサートツアーの演奏で、巨匠の伝説を紐解いていく。さらに、クエンティン・タランティーノを始め、クリント・イーストウッド、ウォン・カーウァイ、オリバー・ストーンなど名前を見ただけで息をのんでしまうような70人以上の監督やプロデューサー、音楽家たちのインタビューが<どうやってエンニオは偉業を成し遂げたのか>その秘密を解き明かすと同時にエンニオのプライベートライフとコメント、初公開となるアーカイブ映像によって、この愛すべき天才のチャーミングな人間性を浮き彫りにする。唯一無二の旋律であらゆる映画に愛と命を吹き込んだ天才音楽家の真実の姿とは?彼と同じ時代を共にしたという奇跡に改めて感動を覚える、圧倒的音楽ドキュメンタリーとなっている。

さらに、10月24日(月)から開催される第35回東京国際映画祭にてガラ・セレクション特別上映されることが決定した。

なお、モリコーネ自身が生前から計画をしていたオフィシャル・トリビュート・コンサートが、11月5日(土)と6日(日)の2日間にわたって、東京国際フォーラムで開催される。エンニオの次男でもあるアンドレア・モリコーネが指揮を務め、ワールド・プレミアともなる本コンサートは、モリコーネの珠玉の名曲を、映画の名シーンやここでしか見られない秘蔵映像とともにオーケストラが奏でる音楽を楽しめるコンサートとなる。

エンニオ・モリコーネ『オフィシャル・コンサート・セレブレーション』公演概要

日時:
11月5日(土)16:00開場/17:00開演
      
11月6日(日)11:00開場/12:00開演、15:30開場/16:30開演

会場:東京国際フォーラム ホールA
オフィシャルサイト: こちら

『モリコーネ 映画が恋した音楽家』は2023年1月よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開!
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クエンティン・タランティーノ
配給:ギャガ
©2021 Piano b produzioni, gaga, potemkino, terras