ラブ&マーシー 終わらないメロディー

レビュー

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』

ブライアンが作りたかった音楽とは―。

夏になると聴きたくなる曲がある。「Surfin’ USA」「Good Vibrations」―まるで色あせることのない名曲の数々。一度は聴いたことがあるであろうザ・ビーチ・ボーイズの音楽。そのバンドの中心的存在であったのが、本作の主人公であるブライアン・ウィルソンだ。本作では60年代と80年代という異なる時代のブライアンを2人の俳優が演じている。60年代のブライアンを演じるポール・ダノは、この役のために増量してふっくらとしている。80年代のブライアンを演じるジョン・キューザックは、それとは対照的に非常にやせ細っている。20年の間になにがあったのか、それを2人の俳優が物語っている。

人気の絶頂にあった60年代。楽しそうにしているメンバーとは対照的に、物足りなさを感じるブライアン。笑顔の裏にどことなくつらい表情が見え隠れする。時折見せるポール・ダノの切ない目から、いまのまま先へ進むことへの不安を感じる。ポール・ダノは自身のバンドでもボーカルを担当しているが、本作で演じるにあたりブライアンの音程に近づけるように練習を重ねたという。そんなポール・ダノが歌う作中の曲からは、思わず身震いしてしまうほどに”魂”を感じる。新作へのプレッシャーから、ブライアンが新しいものを追い求めた結果に発表された『Pet Sounds』はファンや批評家から批判を浴び、さらにはメンバーとの確執も生んでしまうのだが、まっしぐらに突き進むポール・ダノからは、もやは誰にも止められない一直線の目を見ることができる。対して、明らかに闇を感じる80年代だが、エリザベス・バンクス演じるメリンダは、苦難の日々に怯えながら生きているブライアンとは対照的に常に笑顔を見せている。メリンダとの出会いをポール・ジアマッティ演じる精神科医のユージンが邪魔をするのだが、その憎たらしくイライラするほど迫りくる悪役感がたまらない。

本作で描かれているのはブライアンの人生のほんの一部だが、とても重要なひと時。スタジオでの収録風景は実際のものと比べて全く違和感がないほどの再現度。ビーチ・ボーイズを聞いていた人はもちろん、今までビーチ・ボーイズに触れる機会がなかった人もこの作品がきっかけでビーチ・ボーイズの音楽を聴きたくなる衝動にかられることだろう。

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
(原題:Love & Mercy)
2015年8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
アメリカ/2015年/122分
監督:ビル・ポーラッド
出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ

© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

PAGETOP
© CINEMA Life!