黄金のアデーレ 名画の帰還

レビュー

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

名画を取り戻すために戦う82歳の女性と弁護士

アメリカに暮らす82歳の女性と若手の弁護士がナチスに奪われた絵画を取り戻すべく、オーストリア政府を訴えるという実話に基づいた物語。しかも、その絵は「オーストリアのモナリザ」と呼ばれ、国の美術館に飾られている黄金に輝く名画だった。伯母であるアデーレの肖像画は第二次世界大戦中にナチスに奪われたと主張するマリア。遺言で寄贈されたものだと言うオーストリア政府。そこでマリアに協力したのは、独立したもののうまくいかずに事務所に勤め始めたばかりの弁護士ランディ。さらに、オーストリアではジャーナリストのフベルトゥスが手伝い、”名画の帰還”を目指す。

物語自体は、盛り上がるシーンがあるわけでもなく、地味な展開が続く。だからこそ真実味が増している。弁護士とは言え、あまりに理不尽な態度には腹を立てることもあるし、感情的になったりもする。しかし、マリアとランディは依頼人と弁護士というよりも、コンビを組んで活躍する。その姿はまさにバディムービーさながらのものだ。マリアを演じるのは言わずと知れた名女優のヘレン・ミレン。とても素敵な女性だが、時にわがままな態度をとったりもする、それでも気品溢れる演技はまさに彼女の魅力を存分に出している。相棒(あえてこう呼ばせてもらう)の弁護士ランディにはライアン・レイノルズ。息子というよりも孫にも近いほど歳が離れているこの二人が、政府に立ち向かう姿はまさに爽快だ。

美術館の絵画を鑑賞する時に、どんな思いで描いたのか、モデルは誰なのかを考える事がある。だが、その絵がどのようなバックグラウンドでその美術館にあるのかを考える事はあまりない。戦争下でナチスに奪われた美術品は数え切れないほどあり、そのほとんどが未だに元の所有者には戻っていないという現実。”黄金のアデーレ”こと<アデーレ・ブロッホ=バウワーの肖像Ⅰ>も、マリアの元に戻ってから5年後、マリアは亡くなっている。このタイミングを逃すと、同じように永遠に戻らなかったかもしれない。

(text:編集部)

『黄金のアデーレ 名画の帰還』
(原題:Woman in Gold)
2015年11月27日(金)より全国で公開!
アメリカ、イギリス合作/2015年/109分
監督:サイモン・カーティス
出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ

©THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

PAGETOP
© CINEMA Life!