『湯を沸かすほどの熱い愛』レビュー

レビュー

『湯を沸かすほどの熱い愛』ヘッダー

年末年始は家族にありがとうを伝えたくなる物語。

銭湯・幸の湯を営む幸野家。しかし、夫・一浩が一年前に失踪し銭湯は休業状態。双葉は持ち前の明るさと強さでパートをしながら娘・安澄を育てていた。そんなある日、双葉は余命2ヵ月の宣告を受ける。その日から落ち込む・・・ことはせずに“やらなくてはならないこと”を実行していく。その双葉の行動は次々と家族の秘密を明らかにしていき、家族はぶつかりながらも強い絆で結びついていく。そして家族がお母ちゃんの為にしたことは家族だけの秘密・・・。宮沢りえ、オダギリジョー、杉咲花、松坂桃李などの豪華キャストの心を沸かしたオリジナル脚本を描いたのは『チチを撮りに』(2012)が、第9回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞、本作が商業映画デビュー作となる中野量太監督。

余命二か月で何ができるのだろうか?母の偉大さ、家族とはなにか定義が変わる。双葉の大きな心が関わる人、すべての人を愛で包んでいく。“死にゆく母と、残された家族が紡ぎだす愛”という普遍的なテーマを想像できない展開とラストが待ち受けている。中野監督が繰り出すあらゆる展開を涙なしに見逃すことはできない。双葉がいじめられている娘に向き合うシーンは家族をテーマに描く中野監督ならではの家族愛を感じることができる。また、家族旅行のシーンでは毎日メールをしていたという宮沢りえと子役との仲の良さが伺える。これも中野監督ならではの演出だろう。安澄役の杉咲花はいじめからどう立ち上がるか、妹への優しさ、母ちゃんへの献身的な愛が力強く魅力的だ。彼女の演技に勇気と優しさを貰うことができる。また、オダギリジョーのダメ夫ぶりとエプロン姿にも注目!とてもシンプルな題材に出演者、スタッフの溢れんばかりの思いが詰まっている。ただのよくある余命二か月の母が愛を伝える物語ではなく、そこには驚きの秘密が隠されている。物語の途中にはその秘密のヒントが隠されているためひと時も見逃すことはできない。観終わった後にその感動を誰かに伝えずにはいられない。

(text:片岡由布子)

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は2016年10月29日(土)より新宿バルト9ほか全国で公開!
脚本・監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー
配給:クロックワークス

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

PAGETOP
© CINEMA Life!