『スウィート17モンスター』レビュー

レビュー

21世紀最高の愛すべき青春映画の傑作誕生!

『ゴーストワールド』よりリアルで『ジュノ』より心に迫り、『リトルミス・サンシャイン』より感動的な、21世紀を代表する愛おしい青春こじらせ映画が誕生した。素直になれない青春時代の葛藤をリアルに描いている本作。あの頃悩んだ友情、恋愛を思い出させてくれる。青春映画でここまで心の葛藤をリアルでコミカルに描いている映画はほかにないだろう。親友のクリスタとネイディーンのファッションにも注目!カラフルな服装に厚底スニーカーというネイディーンのファッションがまたレトロで個性を表現している。ちょっぴりダサい格好もヘイリー・スタインフェルドの抜群のスタイルで着こなし、可愛さを発揮している。素直に笑えて泣けて、あの頃を思い出してキュンとなる。見るたびに登場人物、一人ひとりに共感することができる。誰もが悩みを抱えていてそれを隠しながら生きている。そんな大人への階段を自分らしくもがきながらもゆっくりと進んでいく、そんな頑固で生意気なのに可愛くて憎めないネイディーンの虜になってしまう。

17歳のネイディーンはキスもまだ経験なしの、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空回りして仲良しの教師のブルーナーや母親を困らせてばかり。大好きな父を亡くしてからはたった一人の親友クリスタだけが自分のすべてだと思っていた。だが、幼い頃からなにをしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた兄ダリアンと親友クリスタが恋に落ちてしまう。このことにより、父が他界して以来とり乱れがちな母や、なぜかシンパシーを感じる変わり者の教師ブルーナー、自分とは正反対の兄ダリアンなど、自分を取り巻く人々へ新たな視点と気持ちを向けざるをえなくなる。人生は彼女が思う以上に複雑で、誰もが何かをこじらせながら大人になっている。

(text:片岡由布子)

映画『スウィート17モンスター』は2017年4月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国で公開!
監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ
主演:ヘイリー・スタインフェルド、ウディ・ハレルソン、キーラ・セジウィック
配給:カルチャヴィル
2016年/アメリカ/104分

© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

PAGETOP
© CINEMA Life!