『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』作品レビュー

  • HOME »
  • レビュー »
  • 『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』作品レビュー

レビュー

笑いだけじゃない、衝撃の展開も・・・!?

『レゴ®ムービー』『レゴ®バットマン ザ・ムービー』に続く、レゴ®の最新映画は、TVで人気の「レゴ®ニンジャゴー」の劇場版。ニンジャゴーシティを舞台に、6人のニンジャが悪い敵から世界を守るために闘う。言わずと知れたレゴ®の映画だが、その魅力はますますパワーアップしている。6人のいわゆる“ミニフィギュア”と呼ばれるレゴ®がユニークな力と個性を持って闘いを挑む。ごくごく単純な対立関係のようだが、そこは『レゴ®ムービー』の流れを汲んでおり、程よくギャグを織り込み、観る者を飽きさせない構成はさすがと言える。

本作の見どころは、作り込まれたキャラクター設定や世界観もさることながら、何と言ってもブロックの動きだろう。子どもから大人まで愛されているレゴ®を、きっと一度は遊んだことがある人は多いだろう。そんなレゴ®だが、本作ではスタッフのこだわりがこれでもかというくらいにブロックの動きに注ぎ込まれている。あまりにも自然すぎて、実写のブロックなのではないかと思うほどだ。特にビルが崩れる様子など、子どもの頃にレゴ®でビルを作り、わざと崩壊させていた事を思い出させる。

さらに、『レゴ®ムービー』『レゴ®バットマン ザ・ムービー』から引き続きとなるが、ポップで楽しい音楽の数々は、とてもノリが良く、作品の世界へグッと引き込んでくれる。本作では、テイラー・スウィフトやアメリカン・オーサーズ、Oh, Hush!らの楽曲など、とにかく観客の気持ちを盛り上げる楽しい音楽が揃っているので、ぜひ注目して欲しい。また、本作では、ジャッキー・チェンがニンジャたちのアクションコーディネートを行ったことが明かされているが、そのことを意識して観るとより一層、そのリアルさに驚かされるだろう。

(text:編集部)

映画『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』は2017年9月30日(土)より全国で公開!
監督:チャーリー・ビーン
声の出演:ジャッキー・チェン、ジャスティン・セロー、デイブ・フランコ、オリビア・マン、フレッド・アーミセン、アビ・ジェイコブソン、クメイル・ナンジアニ、マイケル・ペーニャ、ザック・ウッズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

PAGETOP
© CINEMA Life!