上段)井浦新、瑛太 下段)長谷川京子、橋本マナミ

上段)井浦新、瑛太
下段)長谷川京子、橋本マナミ


三浦しをん原作×大森立嗣監督『光』が2017年秋に公開されることが決定し、井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミの出演が決定した。

「まほろ駅前」シリーズの三浦しをん原作×大森立嗣監督のタッグが描く、逃れることの出来ない運命に翻弄される、人間の心の底を描く過酷で濃厚なサスペンス・ドラマである本作。東京の離島・美浜島を舞台に、過去の忌まわしい事件が、25年たった今、再び迫りくる―。黒川信之を井浦新、黒川輔を瑛太、篠浦未喜(中井美花)を長谷川京子、黒川南海子(信之の妻)を橋本マナミが演じる。さらに南果歩、平田満が名を連ねる。

島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは二人だけの秘密になった。それから二十年。妻子とともに暮らしている信之の前に輔が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。信之は美花を守ろうとするが―。

井浦新(黒川信之役)コメント

「人を暗い方へ導く光もあるんじゃないか」と作者の三浦しをんさんが言うように、人間の意識・無意識の中、そして自然の中にも潜む様々な形の暴力と向き合い続けた撮影期間は、自分の心の奥底のほうにこびり着いている得体の知れないナニかを引っ掻き出し、光にさらし、時にはまた飲み込み、正直、しんどい日々でした(笑)大森立嗣監督作品への参加は3度目。信頼があるからこそ、自分でも理解できないナニかが出てきてしまっても、どんなに振り切ってしまっても、いつもカメラ横でしっかり受けてくれる監督に、喜んで全身全霊を捧げることができます。この作品を背負い、それぞれの役と共に苦悩し、自らも振り切ってゆく大森監督は活き活きとどこか楽しげで、初めて見るそんな監督の姿に火を焚べられ静かに燃えていました。その燃焼から自然発生した芝居を受ける共演者やスタッフの皆さんは大変だったと思います。この場を借りて、すみませんでした。ありがたい事に、役柄的に出演者のほとんどの方々とお芝居させてもらえましたが、大変嬉しく思う分、罪も大きくなりました・・・(苦笑)その中でも、最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした。彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないとは思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました。一体感ある組で、反応し合える共演者たちと芝居を重ねる度、日々深化し野生化して役を飲み込んでゆく感覚を体感しました。原作の創造の世界を生身の人間が生きるとこうなる、映画だからこその生命感溢れる【光】が生まれたと思います。

瑛太(黒川輔役)コメント

大森立嗣監督、共演者、スタッフのおかげで輔という役を楽しく演じられた。もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた。橋本まなみさんは、妖艶なパブリックイメージとは違う、普通の主婦を見事に揺るがない姿勢で演じ切っていた。濡れ場のシーンもありましたが、皆さんの期待を裏切らないシーンになったと思います。大森立嗣監督とは3回目でしたが、新鮮な気持ちで芝居を楽しませてもらえる現場の空気を作っていただいた。大森立嗣ワールド全開の完成を楽しみにしています。

長谷川京子(篠浦未喜(中井美花)役)コメント

限られた撮影日数の中で「美花」がどんな人物なのか模索しましたが、結局、撮影が終わった今も彼女のことが分かりません。撮影中は考えても考えても正解の出てこない旅路に疲れ、逃げ出したくなる時もありましたが、もしかしたらそれが「美花」だったのではないかと、今思います。大森監督との撮影は刺激的で、ある種、自分探しのような作業でした。体全部で感じること、ぶつかることの楽しさを教えてもらいました。それぞれの人物がぶつかり合い、どのような作品になるのか、私自身楽しみです。

橋本マナミ(黒川南海子役)コメント

最初にこの脚本を読ませていただいたとき、あまりの面白さに一気に「光」の世界に惹き込まれました。そして監督はずっと憧れていた大森立嗣さんに共演者の方々も素晴らしい方ばかりで撮影中は濃厚で刺激的な時間を過ごさせていただきました。この作品のテーマの1つとなる無意識の暴力。人って生きてると無意識に人を傷つけてしまうもので、この作品でも様々な思いがぶつかりあいます。胸が苦しくなる瞬間が何度もありました。私が演じた黒川南海子は社会性を気にする普通の主婦ですが、それだからこそ時には怖い一面もあるかも!?そして今までやったことのないような刺激的なベットシーンがあるかも!?それは観てからのお楽しみ♡観ている方の心を揺さぶる魂がこもったすごい作品になっていると思います。私もその中で共演者の方に支えられながらも一生懸命頑張りました。何か感じていただけたら嬉しいです。ぜひ皆さん”光の世界”にどっぷりつかってみてください。

三浦しをん(原作)コメント

大森立嗣監督に映画化していただけて、光栄です。素晴らしいスタッフ、キャストのみなさまのお力により、悪の色気にあふれた作品になりそうで、とてもとても楽しみです。

本作は、伊豆諸島 利島などでの撮影を経て、9月にクランクアップした。

映画『光』は2017年秋に公開!
監督:大森立嗣
原作:三浦しをん「光」(集英社刊)
出演:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、南果歩、平田満
配給:ファントム・フィルム