人類とそれを凌駕する新たな存在の闘争を描いた近未来SF映画『2307: WINTER’S DREAM(原題)』が『ウィンター・ドリーム-氷の黙示録-』の邦題で7月より公開されることが決定した。

2307年、地球は氷に覆われ、すでに人類はこの星の支配者ではなかった―。『ブルーバレンタイン』の脚本家ジョーイ・カーティスが監督を務め、『神様なんかくそくらえ』のアリエル・ホームズが出演し、人類と自らが生み出したミュータント(新人類)の闘いを描く。氷上の『マッドマックス』と称され、世界各国の映画祭を席巻した本作。構想から3年9か月、極寒のバッファロー平原とこれまで撮影許可の下りなかったキングス・キャニオン国立公園の洞窟で行われた過酷な環境での撮影が映画に強いリアリティをもたらしている。

紀元2307年。地球は凍り付き、地下で暮らすことを余儀なくされた人類は、高機能性ミュータント(新人類)を開発し奴隷として働かせていた。ある日、悪のミュータントが脱獄し、人間に対して反乱を蜂起する。抹殺すべくトラジャン将軍はDデッドゾーンと呼ばれる危険地帯へリーダーのビショップが率いるスパルタン兵士の精鋭5名を送り出す。ミュータント対人類の壮絶な戦いが今幕を開ける―。

映画『ウィンター・ドリーム-氷の黙示録-』は2017年7月に「カリテ・ファンタスティック・シネマコレクション2017」ほか全国で順次公開!
監督・脚本:ジョーイ・カーティス
出演:ポール・シドゥ、アリエル・ホームズ、ブランデン・コールス、ケルシー・ワトソン、アン‐ソレネ・ハッテ
配給:熱帯美術館
©2016 Thorium 7 Films All Rights Reserved