10月25日(水)より開催される第30回東京国際映画祭において、コンペティションに最優秀脚本賞 Presented by WOWOWが創設されることが決定した。

東京国際映画祭のコンペティションは、コンペティション審査委員長を含む国際審査委員5人によって選ばれる「東京グランプリ」、「審査員特別賞」、「最優秀監督賞」、「最優秀女優賞」、「最優秀男優賞」、「最優秀芸術貢献賞」、「最優秀脚本賞 Presented by WOWOW」のほか、一般観客の投票による「観客賞」の8部門で構成される。

WOWOWは、2014年に開催された第27回東京国際映画祭より3年にわたり、コンペティションに出品された作品から、世界中の映画ファンと共有したい一作をWOWOW加入者が選ぶ「WOWOW賞」を実施してきた。第30回を迎ええる東京国際映画祭を機に、「WOWOW賞」に替わり、新たに「最優秀脚本賞 Presented by WOWOW」を創設する。本賞の目的は、映画専門チャンネル「WOWOWシネマ」を有するWOWOWが、映画文化の発展を願い、才能ある脚本家たちをたたえ、映画祭を通じて世界に向けて発信していくこと。受賞者には、5,000ドルが贈呈される。

第27回東京国際映画祭WOWOW賞
『草原の実験』
監督:アレクサンドル・コット
製作国:ロシア
©Igor Tolstunov’s Film Production Company

第28回東京国際映画祭WOWOW賞
『カランダールの雪』
監督:ムスタファ・カラ
製作国:トルコ、ハンガリー
©Karafilm

第29回東京国際映画祭WOWOW賞
『ブルーム・オヴ・イエスタディ』
監督:クリス・クラウス
製作国:ドイツ、オーストリア
©2016 Edith Held / DOR FILM-WEST, Four Minutes Filmproduktion ©Edith Held; ©Dor Film / Foto: Patrick Wally

「第30回東京国際映画祭」は2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)に六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかで開催!