フランスのベストセラー青春小説を映画化した『Le Coeur en braille(原題)』が『はじまりのボーイミーツガール』の邦題で2017年12月16日(土)より全国で公開されることが決定した。

落ちこぼれのヴィクトールは、クラスの優等生マリーに恋する12歳。全く相手にされていなかったはずが、近ごろ急接近され変な感じ。マリーの自宅に招待され、プロチェリストになる夢を打ち明けられ舞い上がるが、誰も知らないマリーの秘密を知ってしまう。その秘密を守るため利用されていたことに気付くが、マリーの情熱に動かされ、彼女を助けることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった―。

12歳にして男子を振り回す小悪魔マリー役を演じるのは、フランスで天才ヴァイオリニストとして知られるアリックス・ヴァイヨ。意地っ張りだが健気なヴィクトールには、『ミモザの島に消えた母』のジャン=スタン・デュ・パック。さらに、ヴィクトールの恋のライバル、ロマンや悪友の双子の兄弟など美少年たちが多数出演し、思春期の入り口に立少年たちのユーモアとエスプリのきいた掛け合いを楽しませてくれる。監督は『赤ちゃんに乾杯』などでコメディ俳優として活躍してきたミシェル・ブジュナーで、100万を動員した監督デビュー作を経て、本作が3作目の監督作となる。

ヴィクトールは、母の死から立ち直れない父親に悩む12歳。クラスの優等生マリーに恋をしているが、秀才のロマンからのアプローチもはねつけるマリーに、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけだった。ところが、そんなマリーがヴィクトールに急接近!「勉強を手伝ってあげる」と家に招待してきた!親友のアイカムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。マリーの指導のおかげで徐々に成績があがってきたある日、マリーからプロのチェロ奏者になる夢を打ち明けられる。そして、初めて手を繋いで下校したヴィクトールは、別れ際に頬にキスされ舞い上がるのだった。だが、マリーには、誰も知らない秘密があった。だんだんと視力が落ちる病気にかかったマリーは、音楽学校に行くためそのことをひた隠しにしていたのだ。秘密を守るため、マリーには“目”が必要だった。それに気づいたヴィクトールは、利用されていたことにショックを受けるが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢を叶えることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった―。


映画『はじまりのボーイミーツガール』は2017年12月16日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開!
監督:ミシェル・ブジュナー
出演:アリックス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュ・パック、シャルル・ベルリング、パスカル・エルべ
配給:キノフィルムズ
© 2016 GAUMONT – AJOZ FILMS – NEXUS FACTORY