今回解禁された場面写真

カナダで最も有名な画家スの喜びと愛に満ちた真実の物語『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』に出演するイーサン・ホークからコメントが到着し、併せて場面写真が解禁された。

カナダで最も有名な画家モード・ルイスと夫の人生を描き、世界の映画祭で観客賞を受賞した感動作である本作。小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに素朴で愛らしい絵を描き続けた画家のモード・ルイスと、不器用ながらもモードを献身的にサポートした夫のエベレット。孤独な2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも確かな美しい色にあふれた幸せな日々を手に入れた、感動の実話を映画化した。モード役をサリー・ホーキンス、妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレット役をイーサン・ホークが演じる。

今までになく無骨で不器用な男エベレットを演じているイーサン・ホーク。劇中ではほとんど笑顔も見せず、妻モードにもぶっきらぼうに接するが、そんな不器用な男が時折見せる優しさを抑えた演技で絶妙に表現している。本作についてイーサン・ホークは「この作品に出演しようとしたきっかけは、奥さんに勧められたからなんだ。深夜に僕が家に帰ると、暗いキッチンで彼女が号泣していた。『どうしたんだ!?』と驚いて聞くと、彼女は脚本を僕に渡して言った。『この役を演じると約束して!』と」と振り返っている。

また、自身が演じたエベレットというキャラクターについて「僕がストーリーで1番惹かれたところは、最初はただ家政婦を探していただけの男が、ポジティブな世界観を持つモードと共に暮らすうちに変わっていくところだ。彼はモードのために働き、家事を行い、彼女の絵を称賛するようになる。エベレットは最終的に、彼女の家政婦になったんだよ(笑)」と語り、自身の役者人生を振り返り「今まで演じたことのないキャラクターをどんどん演じて役者として演技の幅を広げたい。新しい自分を開拓したいと思っている」と語っている。

イーサン・ホーク史上最高に不器用な役柄のエベレット・ルイス。イーサン・ホークの新たな一面を垣間見ることができるかもしれない。

今回解禁された場面写真

今回解禁された場面写真

今回解禁された場面写真

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』は2018年3月3日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国で公開!
監督:アシュリング・ウォルシュ 
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
配給:松竹