今回解禁されたビジュアル

ジェシカ・チャステイン主演×アーロン・ソーキン監督デビュー作『モリーズ・ゲーム』のティザービジュアルが解禁された。

ハリウッドのトップスターが顧客リストに並ぶポーカールームが実在した。招待された者のみが参加できる都市伝説のようなサロンのオーナーは26歳の独身女性、モリー・ブルーム。オリンピックを有望視されたモーグル選手だった彼女はケガのためにアスリートの道を断念。一転して違法なポーカーの世界へと足を踏み入れる。主人公モリーを演じるのはジェシカ・チャステイン。トップアスリートから予想外の転身を遂げたモリー・ブルームは、どのようにして巨額の富を手に入れ、失ったのか?スキャンダルの的となったモリーの栄光と転落を追いながら、その才気と情熱の根源に迫る。

今回解禁されたティザービジュアルは、全体を埋め尽くすように積まれたドル札に目を奪われる。一夜にして多額のマネーが動くポーカー・ゲームの世界を象徴するドル札の山を背景に、マネーだけではなく人の心を操るかのように鎮座し、グラマラスで挑発的な視線を向けるのは、ポーカー界の女王と称されたモリー。存在感たっぷりの強烈な姿に目が釘付けになる。

『モリーズ・ゲーム』は、モリーが2014年に刊行し、ベストセラーとなった回想録を、並外れた成功を成し遂げた実在の人物の裏側に迫って来た脚本家のアーロン・ソーキンが独自の視点で脚色、オスカーにも輝いた才能のすべてを注ぎ込んで初監督に挑んだ、全世界大注目の話題作。先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞で、ジェシカ・チャステインが主演女優賞(ドラマ部門)、アーロン・ソーキンが脚本賞でWノミネートされるなど、オスカー前哨戦となる賞レースで快進撃を続けている。

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な賭け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが─。

映画『モリーズ・ゲーム』は2018年5月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開!
監督・脚本:アーロン・ソーキン
出演:ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー、マイケル・セラ
配給:キノフィルムズ
© 2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.