昭和の大傑作が斎藤工主演×白石和彌監督で始動―『麻雀放浪記2020』でベッキーが麻雀クラブ「オックス」のママ役に加えて、「AI搭載アンドロイド」役で一人二役に挑んでいることが発表された。

阿佐田哲也による250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」。イラストレーターの和田誠が初監督した『麻雀放浪記』(1984)から35年、主演・斎藤工が10年間、映画化を熱望してアプローチを続けていた本作に、いまの日本映画界を牽引している白石和彌監督が立ち向かった。主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった―。1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは―?

1945年の【戦後】で斎藤工演じる坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役として出演が明かされたベッキーには、何ともう一つの顔があった。それは、2020年の新たな【戦後】で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキ。技術が発展し、科学と時代の進歩と共にあらゆる欲望を容易に手に入れることができるようになった人類。そのなか国家は、東京オリンピックの中止を清算するため、新たな国策利用の為に「セクサロイド」としてユキを創造する。今までに直面したことのない≪畏れ≫へと、坊や哲を、そして観る者を誘うことだろう。

これが結婚後初の映画出演となるベッキーは、「ヒト」と「アンドロイド」というハードな2つの役どころに、白石監督の過激な演出を味方につけながら果敢に挑み、これからの人類が対峙するであろう≪シンギュラリティ(人工知能が人類の知能を超える転換点)の行く末≫という強烈なテーマを大胆不敵に体現した。科学の発展の先には、本当に幸福があるのか。2020年に突然迷い込んだ「坊や哲」というフィルターを通して見る、想像を超えたモラル崩壊の世界が、観る者の倫理観を極限まで揺さぶる。これは全くの虚構なのか、それとも起こりうる現実なのか―。我々人類が心血注いできた科学の進歩の象徴でもある人工知能は、果たして未来を明るく照らす希望の存在となるのか。それとも国を戦争へと導く、或いは人類の欲望を満たす玩具でしかなくなるのか―。

ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちのセッションと、一貫して社会に溶け合えないアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させる。

ベッキー コメント

二役もやらせていただけて嬉しかったです。
二役と言っても、“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。
AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています。

斎藤工 コメント

ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ”憑依”されていました。麻雀も体得されていて、
特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした。

白石和彌(監督)コメント

ベッキーさん結婚おめでとうございます。麻雀放浪記2020の中でオックスのママ・八代ゆきとの二役でAIユキも演じていただきました。感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚に は役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!

映画『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日(金)より全国で公開!
監督:白石和彌
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫刊)
出演:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫/竹中直人
配給:東映
©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会