「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞受賞の箱田優子第一回監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が、第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門に正式出品されることが決定した。

東京でCMディレクターとして働く砂田(夏帆)は、何者にもなれない自分や大嫌いな田舎にコンプレックスを抱きながら日々を過ごしている。そんなある日、祖母の見舞いに行くため、砂田は自由奔放な親友・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに―。主演は清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆。親友役は、韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョン。夏帆とシム・ウンギョンの等身大で息の合ったコンビの演技合戦が見どころだ。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

香港国際映画祭は1977年にはじまり、メジャーからインディーズ、名監督から新人監督、名作、ドキュメンタリー、アニメーションなど多彩なラインアップを誇るアジア有数の映画祭。ヤング・シネマ・コンペティション部門は若手映像作家の登竜門ともされ、過去には村承子監督『恋に至る病』、山中瑶子監督『あみこ』、蔦哲一朗監督『祖谷物語 -おくのひと-』などが出品されている。本映画祭は、3月18日(月)~4月1日(月)まで開催され、箱田優子監督が出席の予定。

箱田優子(監督)コメント

東京に住む有象無象の中の一人である私が描いた小さなお話が、まずは海外しかも香港国際映画祭といった華やかな舞台で初お披露目になるのが正直不思議な感覚です。砂田、清浦、いってらっしゃい!!!めちゃ応援してる!

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は2019年秋に公開!
監督・脚本:箱田優子
出演:夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩
配給:ビターズ・エンド
© 2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会