『ゲット・アウト』の鬼才ジョーダン・ピール監督最新作『アス』が9月6日より公開される。

家族と共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れるアデレード。早速、友人たちとビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる―。監督・脚本・製作をジョーダン・ピール、製作をジェイソン・ブラム。主演はアカデミー賞助演女優賞受賞のルピタ・ニョンゴ。

全米初登場No.1ヒットとなり、『クワイエット・プレイス』を超えてオリジナル・ホラー作品のオープニング、『テッド』を超えてオリジナルR指定作品のオープニングでそれぞれ歴代1位を更新(*1)。米映画レビューサイトで94%大絶賛され、『アベンジャーズ/エンドゲーム』を超えて2019年公開作品のランキングで堂々1位を記録(*2)。オリジナリティ溢れる、映画の歴史を塗り替えたサプライズ・スリラーがついに日本に上陸する。
*1/2019年3月22日~24日 $71,117,625(Box Office Mojo調べ)
*2/2019年6月6日時点 Top 100 Movies of 2019/Rotten Tomatoes調べ

今回、“夏本番!海か?山か?プールか?いや、まずは映画館!”ということでこの夏、映画館で観る事が出来る珠玉の恐怖映画6作品を紹介する。名作のリブート作品からアメリカで大ヒットしたあの作品まで、映画館という閉ざされた暗闇の空間で、恐怖&驚愕の体験をあなたに―。お化け屋敷的に連れ立って足を運んでみては?また、7月12日(金)には『アス』のムビチケカード&オンライン券が発売開始されたのでゲットしよう。

時を駆けるビッチがまた走るぅぅぅ!『ハッピー・デス・デイ 2U』7月12日公開

謎のタイムループに陥り、自分が殺される誕生日を何度も繰り返すはめになったビッチな女子大生の奮闘を描く『ハッピー・デス・デイ』。現在公開中で“まさかの笑えるホラー”として話題の本作から、はやくも続編が登場!地獄のタイムループから抜け出し恋人カーターと共にようやく平穏な日々を過ごせると思っていた女子大生ツリー。しかし今度はカーターのルームメイト・ライアンが謎のタイムループに陥っていることが発覚した。同じタイムループの経験者として解決に臨むツリーだったが、やがて彼女にも再び悪夢のタイムループが襲い掛かる。しかしそのループでは以前とは微妙に周囲の環境が違っていた・・・!今度はまさかの“泣けるホラー”との噂。
©Universal Pictures

ボクたち、死ぬまで親友だよね?『チャイルド・プレイ』7月19日公開

1988年のシリーズ第一作目以降、“チャッキー”の名で親しまれてきたあの青いオーバーオールにカラフルなボーダーTシャツの人形が帰ってくる!最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品、“バディ人形”。引っ越ししたばかりで友達がいない少年アンディは、誕生日にその音声認識やセンサー付きカメラ、高解像度画像認識などの機能が付いた人形を母親からプレゼントされる。自らをチャッキーと名乗るその人形だが、実は欠陥品だと判明。的外れな受け答えを繰り返す人形にあきれるアンディだったが、「君が一番の親友だよ」と話し次第にチャッキーの虜となる。その後、チャッキーが最悪の豹変を遂げることなど知らずに・・・。
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる。『ポラロイド』7月19日公開

トレモリノスファンタスティック映画祭で最優秀ショートホラーフィルム賞を受賞したショートフィルム『Polaroid』を同じ監督が長編化した作品。女子高生のバードは自身がアルバイトをするアンティークショップでポラロイドカメラを手に入れる。そのカメラで友人や密かに想いを寄せるコナーらとの楽しい時間を切り取るバードだったが、やがてそのカメラに収められた人物が次々と不可解な死を遂げる事態が発生する。諸悪の元凶がポラロイドカメラにあると確信したバードはなんとか解決しようと努めるが、バード本人もそのカメラに写されてしまっていたことを発見し・・・。次世代を担うホラー映画作家として注目を集めるラース・クレブバーグ監督。そんな彼が手掛けた本作は、同じくメガホンを取った上記のリブート版『チャイルド・プレイ』と同日公開となる。
©2019 DPC SUB 1A1, LLC

連続殺人鬼も誰かの隣人だ『サマー・オブ・84』8月3日公開

カナダの映像制作ユニット「ROADKILL SUPERSTARS(RKSS)」による青春ホラー作品。オレゴン州イプスウィッチに暮らすオタク少年デイビー。彼は隣町で起きた同年代の子供たちばかりを狙った連続殺人事件の犯人を向かいの家に住む警察官マッキーではないかと睨み、友人たちとともに独自の捜査を開始する。そんな彼らの行く先には想像を超える恐ろしい現実が待っていた・・・。題名の通り1984年の夏を舞台にした本作は、80年代の映画そのものにオマージュを捧げられている。十代の若者たちを主人公にしたジュブナイル映画が黄金期を迎え、スラッシャー映画と呼ばれるホラーやスリラーが量産された時代へのノスタルジーとリアリティに溢れた、往年の映画ファン必見の作品。
2017 © Gunpowder & Sky, LLC

観はじめた瞬間から、あなたは“悪夢の家”の罠にはまる—。『ゴーストランドの惨劇』8月9日公開

トラウマ・ホラーとして名高い『マーターズ』のパスカル・ロジェ監督、待望の新作。人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の姉妹。姉のヴェラは奔放な性格で、妹のベスは内向的と、双子ながらもふたりは対照的な性格に育った。ある日の晩、突然、暴漢が家に押し入る“惨劇”が一家を襲う。母は娘たちを守ろうとし、暴漢を姉妹の目の前でメッタ刺しにする。あれから16年。ベスは小説家として成功したが、ヴェラは精神を病み、今もあの家で母と暮らしていた。久しぶりに実家に戻ったベスを母は迎え入れるが、ヴェラは地下室に閉じこもり、そして、ベスに向かって衝撃的なある言葉をつぶやき・・・。
© 2017 – 5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

“わたしたち”がやってくる―『アス』9月6日公開

『ゲット・アウト』でアメリカが今も抱える人種問題を深く掘り下げ、日本でもサプライズ・ヒットを記録したジョーダン・ピール監督の最新作。より恐ろしく、より驚くべき本作のアイデアは、“最大の敵は自分”という着想に惹かれ、ドッペルゲンガーに対する根深い恐怖心から生まれた。物語はルピタ・ニョンゴ扮するアデレードが夫と子供と共に夏休みを過ごす為、実家を訪れるところから始まる。早速、友人達と一緒にビーチへ遊びに行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、幼少期のトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってきて・・・。
©Universal Picture

映画『アス』は2019年9月6日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開!
監督・脚本・製作:ジョーダン・ピール
出演:ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー、シャハディ・ライト・ジョセフ、エヴァン・アレックス、カリ・シェルドン、ノエル・シェルドン
ユニバーサル映画 配給:東宝東和
©Universal Pictures