オールナイトニッポンiで配信中のWEBラジオ番組「おしゃべや」がラジオブースを飛び出し映画化した『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』が来年春に公開されることが決定した。

WEBラジオ「おしゃべや」は2017年7月から毎週月曜日21時より配信中となり、パーソナリティは、舞台・映画・ドラマ等で活躍する10名の若手俳優たちがペアを組んで毎週届けられる。7月31日で3周年を迎えるWEBラジオ「おしゃべや」は、本日7月27日(月)21:00からの「おしゃべや」3周年特別生配信番組「#ツナガレ男子会」で10名のパーソナリティがペアの垣根を越えて大集合。その中で「おしゃべや」映画化プロジェクトが始動することが発表された。

公開は2021年春を予定しており、監督は『ほしのふるまち』や『通学シリーズ通学途中』、『通学シリーズ通学電車』など青春ラブストーリーを手掛けた川野浩司が務める。脚本はTVアニメ、映画、ゲームの「攻殻機動隊シリーズ」、アニメ「ダイヤのA」などを担当した藤咲淳一(Production I.G)。

番組内では、本編映像を使用した特報が配信され、本作が10人がラジオを立ち上げるために集まった物語であることが解禁された。そして、脇を固めるのが俳優のイッセー尾形とTVアニメ「ONE PIECE ワンピース」の主人公モンキー・D・ルフィ役でお馴染みの田中真弓が特別出演することが発表された。

今回、特報映像、キービジュアル、場面写真6点が解禁された。手作りなのかポップな雰囲気のラジオブースや喫茶店のような場所でのカットなどが到着。楽し気な様子の一幕だが、劇中ではどのようなシーンなのかが楽しみだ。

特報映像

西銘駿

西銘駿(アクト役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
僕達のラジオが、まさか映画化するということで、物凄く嬉しかったです!
ほとんどの方が初めましてで緊張していたのですが、現場の雰囲気が作中の雰囲気と似ていて、すごく皆さん暖かくフレンドリーで、楽しく撮影ができました。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
この映画の見所は、ラジオを通して沢山の人々の暖かさに触れ、成長していくところだと思います。
時代は進歩していくのに対し、変わらない良さ、街並み、独特な世界観も見所のひとつです。
――公開に向けての意気込みをお願いします。
この機会に、ラジオを聴いたことが無い方や、ラジオが大好きな方、沢山のファンの方々を取り込んで、映画を通してさらにラジオの良さを伝えられたらなと思います。
素敵な映画だと思ってもらえる作品になっているので、是非劇場に足を運んでいただきたいです。
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
いつも「おしゃべや」を聴いていただきありがとうございます。
「おしゃべや」というラジオからこういった形で、一つの作品を作ることが出来て幸せです。
これもひとえにリスナーの皆さんのおかげです。これからも応援よろしくお願いします!

飯島寛騎

飯島寛騎(ニガリ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
「おしゃべや」でラジオをさせて頂いており、そのラジオの映画化、嬉しく思います。いいロケーションでも撮ることが出来たので完成を見て頂くのが楽しみです。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
若者たちのみなぎる活力、行動力
――公開に向けての意気込みをお願いします。
大変な時期ではありますが、無事公開できる事を祈り、多くの方々にお届け出来る事を願います。
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
高カロリーのヨーグルト的存在、飯島です。
ラジオとはまた違うそれぞれのおしゃべやメンバー達が映画を盛り上げていきます。是非公開までお待ち下さい!

橋本祥平

橋本祥平(コーシ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願います。
「おしゃべや」から劇場化…?!最初聞いた時、驚きと喜びが交互に襲いかかってきて変なテンションになってた気がします。笑
「おしゃべや」を始めてから番組内で色々な企画に挑戦させて頂いたり、学んだりしてきましたが、番組始まって以来、こんなにも大きな挑戦に挑ませて頂ける事、本当に嬉しいです。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
ペア同士はもちろん、普段の放送をそれぞれの部屋でお届けしてる他のペアとの絡みも今作たくさんあるので、とにかく色々注目して欲しいです。
――公開に向けての意気込みをお願いします。
神奈川県にある伊勢原の大山という場所が撮影地で、本当に素敵なロケーションに力をお借りし、素敵な環境の中撮影させて頂いております。おしゃべやらしい心温まるストーリーです。全員で魂込めて作った作品、是非よろしくお願い致します。
――「おしゃべや」のリスナーに一言
「おしゃべや」をご視聴頂き、僕たちの部屋に遊びに来てくだる皆様、いつも応援ありがとうございます。
「おしゃべや」が始まってから今日までリスナーの皆様の支えがあって今があると心から思います。これからも皆様が笑顔になってくれる様な放送をお届けしたいと思いますので、気軽に僕たちの部屋に遊びに来てくださいね!

深澤大河

深澤大河(マクロ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
最初は『おしゃべやが劇場化!?』と驚きました!番組が始まった当初は劇場化するなんて一切思っていなかったので、リスナーさんだけではなく僕たちパーソナリティチームにもとっても嬉しいサプライズでした!!
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
ラジオの時とはまた違った面のパーソナリティチームが見られると思うので、是非そこを注目してください。
――公開に向けての意気込みをお願いします。
「おしゃべや」の新たな一歩を踏み出した作品になっていますので、是非公開まで楽しみに待って頂けたら嬉しいです!
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
今年で3周年を迎える「おしゃべや」が、遂に映画になりました。これも「おしゃべや」のラジオを視聴し、応援してくださっているリスナーの皆様のおかげです!本当にありがとうございます!これからも「おしゃべや」をどうぞよろしくお願いします!

ゆうたろう

ゆうたろう(ディジェ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
ウェブラジオ番組がまさかスクリーンに映るとは想像が出来なかったんですが普段は李光人くんとふたりなので、他のメンバーの方々と会えるのは純粋にとても楽しみでした!
まだ詳しくは言えないのですが役柄も僕と李光人ペアにぴったりで台本貰ってから早く演じたくてウキウキしてました。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
僕たちふたりは劇中のラジオ番組のパーソナリティをやっている役なのですが挨拶、服装、めがねとペアルック感がすごい演じててたのしかったし、見ててかわいい!ってなる所が盛り沢山なので是非注目して欲しい所でもあります!美容の事だったり過去の放送で着てた服だったりゆうたろうの私物も…?
――公開に向けての意気込みをお願いします。
ラジオ、スクリーン全面に伝わる大自然、そしてそれぞれのキャラクターの個性が光っててとてもキラキラした作品になってます。皆さんの中でラジオがまた好きになって、帰り道ラジオが聞きたくなるような作品になれば嬉しいです。
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
こんにちはの方はこんにちは!こんばんはの方はこんばんは!劇場版おしゃべやでディジェ役を演じましたゆうたろうです!いつも皆さんが放送を聞いてくれているおしゃべやが遂に!スクリーンに出てきちゃいます!「おしゃべや」の魅力が沢山詰まった作品になってますので是非劇場まで足を運んでくれると嬉しいです!

板垣李光人

板垣李光人(セルガ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
まさかラジオ番組から映画に派生すると思っていなかったので、このお話を頂いた時は驚きでした。
ですが、約1年一緒にラジオを作ってきた仲間と、映画の中でもラジオが作れることがとても嬉しかったです。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
ラジオに関わらず、”ショー”というものを皆さまにお届けするまでにある難しさ、苦悩や葛藤などをエンターテインメントとして楽しんで頂けるのではないかと思います。
また、ゆうたろうくん板垣ペアは映画内でもラジオパーソナリティとして登場しますので、そちらのラジオもぜひお楽しみに。
――公開に向けての意気込みをお願いします。
ご覧いただけた後、心のどこかが少し暖かくなれるような、そんな作品になるよう努めてまいります。
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
おしゃべやをご覧、ご視聴いただきありがとうございます。
いつもは、端末越しに皆さまと通じることしか出来ませんが、公開時には生で、皆さまとお会いできる事を切に願っています。
ぜひ、楽しみにしていて頂けると嬉しいです。

阿久津仁愛

阿久津仁愛(クッパ役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
「おしゃべや」のメンバーの皆さんとお会い出来る機会がいままでなかったので、凄く嬉しかったのと、今回、初めての映画出演なので、撮影がすごく楽しみでした!!
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
見所といえば踊ったり?走ったり沢山動きました!笑
自然豊かな場所での撮影なので、景色もすごく見所です!!
僕が演じるクッパの格好もすごく面白いです!!笑
――公開に向けての意気込みをお願いします。
とっっても面白い作品になってると思います!
僕も実際に鑑賞すると、撮影の時とはまた違う新鮮な気持ちで見ることが出来ると思います!
一生懸命頑張り、全力で楽しんで撮影に望んでいるので公開がすごく楽しみです!
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
「おしゃべや」のラジオが毎回本当に楽しくて、大好きです。リスナーの皆さんからのコメントやおたよりを読み、僕達も元気を貰っています!
今回の映画で見てくださる皆さんに元気とパワーをお届け出来ればいいなと思います!
では!劇場で、お会いしましょう!!

井阪郁巳

井阪郁巳(ミュート)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
ラジオから映画に繋がるとは思ってもなかったので驚きと嬉しさが同じぐらいありました。
他のペアの方々ともお会いしたかったのでこの作品を通して会えた事が凄く嬉しかったし、ワクワクが止まりませんでした。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
見どころはやっぱり「おしゃべや」だからこそのラジオの魅力が詰まってる所ですね。
僕たちそれぞれのキャラクターや関係性はもちろん注目して頂きたいですが、ラジオをやる意味。を改めて考えさせられましたね。後は僕が演じるミュートは様子がおかしいです。(笑)
――公開に向けての意気込みをお願いします。
おしゃべやメンバーで作り上げたこの作品を沢山の方々に観ていただきたいです。そして映画もラジオもさらに盛り上がっていけばいいなと思っています。
p.s.実は毎回撮影の日はみんなで山を登って撮影所まで向かっています。(笑)
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
いつも「おしゃべや」を聴いてくれてるテンションで映画も是非観ていただきたいです。この作品を観て少しでも前に進もうって思って頂けたら嬉しいです。

醍醐虎汰朗

醍醐虎汰朗(ジム役)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
「おしゃべや」で、それぞれ一緒のラジオをやっていますが、皆さん全員にお会いしたことは無かったので、まさかそれが劇場版で集結することになったので素直に嬉しかったです。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
個人的には挿入歌がオススメです。見て頂いたら意味がわかると思います。
――公開に向けての意気込みをお願いします
個性豊かなキャラクター達が繰り広げる、クスッと笑えて楽しめる作品です。
劇場でお待ちしてます!!
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
いつも「おしゃべや」をお聴きくださりありがとうございます!!
劇場版は「おしゃべや」だからこそできた作品になっていると思いますので
楽しんでいただければ嬉しいです。

立石俊樹

立石俊樹(バントー)コメント

――劇場化が決まった時の感想と喜びのコメントをお願いします。
ラジオ離れが懸念されている中、最近ではラジオの受信環境も変化してきて、これからもっと僕自身ラジオパーソナリティとしても1人の人としてもラジオの良さを後世に伝えたいし、受け継いでいきたいと思っていました。そんな中での映画化はとても嬉しかったです。
――個人的な見所を教えてください。(ネタバレしない程度に)
撮影とは関係ないんですが、撮影地に向かうために歩いていてすれ違った中学生の子に「おはようございます!」と挨拶されました。知り合いではない限り東京ではなかなかない体験に、秋田県生まれ秋田県育ちの僕にとってはとてもほっこりする出来事でした。そんな素敵な場所で撮影した映画です。
――公開に向けての意気込みをお願いします。
僕自身ラジオを届けるまでに色んな人生がかかっていて、当たり前ではないこと、改めて考えさせられました。
この映画をきっかけにラジオに興味を持ってもらったり、もっとラジオの素晴らしさを感じたりする方が増えると良いなと思います。
きっとラジオだけではなく他のお仕事をされている方にも共感やフィードバックが沢山得られると思います。ぜひお楽しみに。
――「おしゃべや」のリスナーに一言。
いつも「おしゃべや」をご視聴頂きありがとうございます!普段の僕らのキャラクターが分かっているからこそ、また映画の中で楽しんでもらえると思います。1人のラジオパーソナリティということを忘れて挑みましたのでぜひ映画の公開をお楽しみに。

映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降 Days~』は2021年春に公開!
監督:川野浩司
出演:西銘駿、飯島寛騎、阿久津仁愛、井阪郁巳、橋本祥平、深澤大河、ゆうたろう、板垣李光人、立石俊樹、醍醐虎汰朗、田中真弓(特別出演)、イッセー尾形
配給:ローソンエンタテインメント
©2021「雨降ラジオ」製作委員会