ABEMAのレギュラー番組『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#23』が12月8日(火)に配信された。

『声優と夜あそび』は、総勢12人の人気声優がMCを務めるABEMAオリジナル声優レギュラー番組。2020年4月から『声優と夜あそび2020』として新MC体制となり、月曜日は安元洋貴と仲村宗悟、火曜日は下野紘と内田真礼、水曜日は小松未可子と上坂すみれ、木曜日は浪川大輔と石川界人、金曜日は関智一と森久保祥太郎、そして金田朋子と木村昴が平日毎日配信となる「繋(コネクト)」のMCを務める。

12月8日(火)の配信では、多忙な下野と内田を癒すべく高級マッサージチェアが登場。リクライニング機能でゆるゆるな時間を楽しむ「いざ、癒しの宇宙旅行へ!」や、ゆるっと遊べるゲームを楽しむ「癒しゲーム「ドーナツカウンティ」」、涙を流してストレスを解消する「心の癒し“涙”」などのコーナーが行われた。

配信内では「いざ、癒しの宇宙旅行へ!」と題したコーナーを実施。リクライニング機能で横になった下野と内田が、「あんま王」の“無重力マッサージ”をたっぷり堪能。下野は「最近マッサージとかしてもらってなかったから・・・いいわ・・・これ・・・」と話し、内田も「これで疲れがとれますね~、幸せじゃ~~」とリラックス。「口と瞬きしかしてない・・・これ、生配信していいの?」と言いつつ、全身マッサージをたっぷり楽んだ。そして、「心の癒し“涙”」のコーナーでは、涙を流すことで“ストレス解消”に挑戦。マッサージですっかり“ゆるゆる”になってしまった下野と内田は「涙、流れるかなぁ」「涙も流れないくらい、眠気がすごいんだよね」といいつつも、“泣けるショートストーリー”を朗読。

まず下野が「おばあちゃんのすごろく」を朗読。作者と“おばあちゃん”との暖かな物語を、下野が落ち着いた声で読み上げる。朗読が終わると、読み上げた下野も、じっと聞き入っていた内田も「おばあちゃん・・・」と本気で感涙。さらに内田が「兄のドラクエ3」を朗読。作者が子どもの頃に兄と一緒に遊んだ『ドラゴンクエストIII』の思い出を優しく読み上げる。内田の朗読が終わると、涙腺が決壊寸前になった下野は「俺たちをどうしたいんだ!?」と悶絶。「感情が忙しすぎるんだよ!」とツッコミを入れつつも「いい話もってくるじゃない・・・」と感動に浸っていた。

たっぷりと90分癒され続けた下野と内田は「今日、全然生配信した気がしない」「なかなか見せない姿を見せてしまった」と、完全に“素”の姿を見せていたことを告白。「1か月に1回くらい、こういう時間が必要かも」という内田に、下野も「明日何やるんだっけ・・・を繰り返している毎日だったからね」と最近の忙しさを振り返りつつ、“ゆるゆる夜あそび”でしっかりリフレッシュできたことを話した。

『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#23』概要

放送日時:2020年12月8日(火)22:00~23:30
放送チャンネル:アニメLIVEチャンネル
出演者:下野紘、内田真礼
ビデオURL: こちら
※限定映像を見ることができるプレミアム会員限定『声優と夜あそび プレミアム【下野紘×内田真礼】#23』は こちらで配信中。
©AbemaTV,Inc.