ABEMAのレギュラー番組『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#24』が12月15日(火)に配信された。

『声優と夜あそび』は、総勢12人の人気声優がMCを務めるABEMAオリジナル声優レギュラー番組。2020年4月から『声優と夜あそび2020』として新MC体制となり、月曜日は安元洋貴と仲村宗悟、火曜日は下野紘と内田真礼、水曜日は小松未可子と上坂すみれ、木曜日は浪川大輔と石川界人、金曜日は関智一と森久保祥太郎、そして金田朋子と木村昴が平日毎日配信となる「繋(コネクト)」のMCを務める。

12月15日(火)の配信では、次週(12月22日)に行う内田の誕生日会の内容をルーレットで決める「決めるのは自分!内田真礼Birthdayルーレット!」を実施。登場方法やスタジオの飾り付け、おつまみ、ゲームなどを決めた。なかなか狙い通りの内容に決まらないルーレットだが、内田は下野と一緒にワイワイ騒ぎながら、自分の誕生日会を作っていく・・・という珍しい体験を楽しんだ様子。

さらに、火曜日恒例の「もしものサブカルトーク」では、互いに“好きだった思い出のアニメキャラクター”の話題に。内田は、幼稚園の頃に『忍たま乱太郎』の“きり丸”が大好きだったことを告白。ハートマーク付きの絵まで描くほどお気に入りのキャラクターだと語ると、下野は「そんなに!?」と驚きの声をあげた。一方の下野は『機動戦艦ナデシコ』のホシノ・ルリが好きだったことを告白。「おバカな大人が多い中でクールな立ち位置の女の子が、少しずつ恥じらいや少女らしさを見せてゆくのが好きだった」と熱く語った。

そして、ダミーヘッドマイクへセリフを囁く「ダミヘヒーリング」のコーナーでは、「男女の友情って、成立すると思う?」という問いかけに対する、視聴者から投稿されたセリフを読み上げる。“ヒーリング”という名前の通り“癒し”のコーナーのはずが、今回は少し変わったセリフが多め。最初は下野が「なんでそんなことを聞くんだよ、俺じゃあるまいし・・・期待しちゃうだろ」と幼馴染のシチュエーションを意識したセリフを読み上げ、甘酸っぱさに内田と2人で笑みを浮かべた。しかし、その後は先生と生徒という“イケナイ”関係を意識したセリフが目白押し。保健教諭になりきった内田の「先生が、教えてあげようか?」というセリフに、下野は思わず「この学校はいかん!」「風紀が!乱れている!」とツッコミを入れた。

『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#24』概要

放送日時:2020年12月15日(火)22:00~23:30
放送チャンネル:アニメLIVEチャンネル
出演者:下野紘、内田真礼
ビデオURL: こちら
※限定映像を見ることができるプレミアム会員限定『声優と夜あそび プレミアム【下野紘×内田真礼】#24』は こちらで配信中。
©AbemaTV,Inc.