紺野彩夏&久保田紗友W主演の青春映画『叩き壊すほどに君へ -WADAIKO†GIRLS-』が『藍に響け』にタイトルが変更され、2021年5月21日(金)より公開されることが決定した。

原作は、月刊アクション(双葉社)で2013年9月号~2014年9月号に連載された、すたひろの漫画「和太鼓†ガールズ」。同作をベースにしつつ、映画はオリジナルとして作り上げている。舞台はミッション系のお嬢様女子高。松沢環(紺野彩夏)は、裕福な家庭に生まれヒエラルキーのトップにいたが、父の会社が倒産し生活が一変。事情を誰にも言えず、行き場のない思いを抱えている。同級生の新島マリア(久保田紗友)は、誰とでも明るく接することが出来る優しい性格の持ち主だが、交通事故で声帯を損傷し、言葉を発することが出来ない。ある日、環は“音の振動”に導かれるようにマリアと出会い・・・。人とうまく繋がることの出来ないふたりが、部活を通して、お互いの心を響かせ合い、共に葛藤し成長していく姿を瑞々しく描き出していく。

当初、『叩き壊すほどに君へ -WADAIKO†GIRLS-』のタイトルで2020年秋公開を予定していた本作だが、公開延期を経て、タイトルを一新し、再スタートを切ることとなった。併せて、追加キャスト第1弾として、吹越満、筒井真理子、濱田マリ、須藤理彩、カトウシンスケの出演が発表された。フレッシュな若手女優2人と演技に定評のあるベテラン俳優勢がどう関わっていくのかに機体が高まる。

奥秋泰男(監督)コメント

すたひろ氏の原作をベースに出来たこの作品は、コロナ禍での制作過程を経てやっと完成しました。
本作の見どころは大きく分けてふたつ。まずは魂の叫びとも言える“音”。一切の吹き替えをせず、時間をかけ本物の音を追求したそれは、劇場で触れた瞬間に感じ取っていただけることかと思います。そしてもうひとつは2人の主人公の切ないほど不器用で純粋な生き方。この作品の冒頭からエンディングに至るまで、17歳という世界の様々な葛藤や不安、さらに生き様を全力で描く2人の心情を感じ取っていただければ幸いです。今回、作品の完成後に改めて熟考し、これがベストだと思うタイトルが『藍に響け』でした。「藍」は青春の象徴でもある「青」よりも、さらに心情的に掘り下げた2人の主人公に向けられた青春の色。ジャパンブルーとも呼ばれる「藍」は和の潜在的なパワーといじらしいほど純粋な心の融合物として観客の皆さまの心に響くことを願っています。

ストーリー

松沢環はミッション系お嬢様学校へ通い、幼馴染みの佐伯美鈴らとは富裕層らしい日常を過ごしていた。しかし、父の会社が倒産し引っ越すことに。環は友人らにはそのことを言えず、ずっと続けてきたバレエも辞めることとなり、明日が見えないでいた。行き場のない思いを抱える環は、ふと聞こえてきた音の振動に吸い寄せられる。辿り着くとそこで新島マリアが和太鼓を叩いていた。初めてその音の豊かな響きを体感する環。マリアは声帯損傷で言葉が話せなかったが、積極的に誰にでも接する明るさをもっていた。マリアにとって和太鼓が言葉そのものだった。それ以来、和太鼓のことが何故か頭から離れない環は、和太鼓プロ集団・雷鼓音のコンサートを見に行く。そこで高校生の江森司が大人に混じって圧巻の演奏を披露する。暗い底に沈んでいた環の心は徐々に動かされていき、和太鼓部の扉を開くのだが・・・。

映画『藍に響け』は2021年5月21日(金)より新宿武蔵野館、シネクイントほか全国で順次公開!
監督:奥秋泰男
出演:紺野彩夏、久保田紗友
配給:アンプラグド
©たひろ/双葉社 ©2021「藍に響け」製作委員会