『ムーン・ウォーカーズ』かねてから囁かれていた「アポロ11号着陸映像は捏造で、キューブリックが製作したらしい」という都市伝説がベールを脱ぐ・・・裏側を描いたブラックなコメディ映画「MOONWALKERS(原題)」が邦題『ムーン・ウォーカーズ』として11月14日に全国公開されることが決定した。

もし仮にアポロ11号の月面着陸計画が失敗していて、実際はアメリカ政府の依頼でスタンリー・キューブリック監督が月面着陸の映像を撮影していたとしたら・・・。この人類史上最大の陰謀説を大胆に脚色したノンストップコメディアクション映画が日本に上陸する。

1969年、なかなか月面着陸を成功出来ないNASAを見かねた米政府は、映画「2001年宇宙の旅」のキューブリック監督に月面着陸映像の捏造を依頼するため、CIA諜報員・キッドマン(ロン・パールマン)をロンドンに送り込んだ。しかし、ベトナム戦争帰りで映画に全く詳しくないキッドマンは、偶然キューブリックのエージェントオフィスにいた借金まみれのダメ男・ジョニー(ルパート・グリント)に膨大な制作費を騙し取られてしまう。すぐに自分が騙されたことに気づき奪い返しに向かうが―。次第にロンドンのギャングやヒッピー、そしてCIAまでもが入り乱れ修羅場と化していく中で、果たして彼らは世紀の”捏造”計画を成功させることができるのか―?

プロデューサーにミシェル・ゴンドリー作品(『エターナル・サンシャイン』ほか)のジョルジュ・ベルマン、監督はCM界の巨匠アントワーヌ・バルドー=ジャケ、そして出演は『ハリー・ポッター』シリーズのロン・ウィーズリー役で有名なルパート・グリントや、『パシフィック・リム』『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマン、TVドラマ『Misfits/ミスフィッツ』のロバート・シーハン。

映画『ムーン・ウォーカーズ』は2015年11月14日(土)より新宿シネマカリテほか全国で公開。

© Partizan Films – Nexus Factory – Potemkino 2015