『ムーン・ウォーカーズ』人類史上最大の陰謀説を大胆に脚色したノンストップコメディアクション映画『ムーン・ウォーカーズ』の日本版予告編が公開された。

『ハリー・ポッター』シリーズのロン役でおなじみのルパート・グリントと、ロン・パールマンがW主演コメディの本作。ルパート演じるダメ男・ジョニーは借金まみれでお金欲しさに、キューブリックのエージェントのふりをしてCIAから大金を騙し取った。騙されたCIA諜報員・キッドマンは奪い返しに向かい、さらにロンドンのギャングやヒッピーまでもが入り乱れ修羅場と化していく中、世紀の”捏造”計画を成功させることができるのか―。

昨年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで行われた「SXSW」で上映されて以来、世界で一般公開がされておらず、現時点ではどの国でも予告編が作られていない本作。世界で初めて、日本で予告編が完成した。また、本作は9月20日(日)に「第8回したまちコメディ映画祭in台東」での上映が決定している。

映画『ムーン・ウォーカーズ』は11月14日(土)より新宿シネマカリテほかで公開!

© Partizan Films- Nexus Factory – Potemkino 2015