『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ

『オーシャンズ』のジャック・ペランxジャック・クルーゾ監督コンビが贈る新たなるネイチャードキュメンタリーの扉を開く映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』の日本語ナレーションを担当する笑福亭鶴瓶と木村文乃のアフレコシーンが12日(木)、都内のスタジオにて公開された。

本作は、地球の主人公である野生生物の目線でとらえた2万年の物語。総製作費40億円、構想4年、400人のスタッフが最新の撮影機材を駆使し、多くのスペシャリストとともに時空を超えた感動的なストーリーを、ドラマティックに描いた壮大な旅物語。このたび、本作の日本語ナレーションを担当する笑福亭鶴瓶と木村文乃の公開アフレコが行われた。

挨拶で木村が「自分なりに準備してきたんですけど、標準語圏で育ったのにイントネーションに苦労した」と話すと、鶴瓶は「ホンマに?一緒や」と喜びのコメント。さらに、本作の監修を務めた新宅先生にイントネーションを注意されたことについて鶴瓶は「あの新宅という監修の人が大阪弁でもええと言ったのに動物はダメと」と笑いを誘った。

その後、4つのシーンのアフレコを行った。1つ目は木村が映画冒頭のシーンを吹き替え、演出監督からも「完璧です!」と絶賛された。次に鶴瓶がオオカミがイノシシを追うシーンに臨むと、タイミングを知らせるキューランプが点灯しないハプニング。すかさず鶴瓶は「新宅、お前やろ」と突っ込み、演出監督から「わざとじゃないんです」と言うと、「当たり前やん」と笑いながら返した。続いてのシーンでは、新宅先生から「今まで出一番良かったです」とコメントが入ると、鶴瓶は「やかまわしいわ」と場内を沸かせた。

無事にアフレコが終了し、本作への出演について鶴瓶は「大阪弁でいいならやろうかと。でも6時間くらい演出監督とケンカした」とコメントし、「油断したら大阪弁になる」と苦労を語った。

最後に、鶴瓶は「60超えても楽しめる。子どもは動きを楽しめる。年齢関係なく見てもらいたい」とアピールし、木村も「シーンだけ切り取ってしまえば眼を背けてしまうかもしれないけど、その後にある親子の絆や、鶴瓶師匠の優しいナレーションがあったり、最後に希望があるお話なので前向きに受け入れられる温かい作品」と本作をアピールした。

『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ

『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ

『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ

映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』は2016年1月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国で公開!

©2015 Galatée Films – Pathé Production – France 2 Cinéma – Pandora Film – Invest Image 3 – Rhône-Alpes Cinéma – Winds – Pierre et Vacances