カンヌを震撼させたサスペンスフルxファッショナブルな衝撃作『Personal Shopper(原題)』が『パーソナル・ショッパー』の邦題で5月より全国で公開されることが決定した。

パリでセレブのための買い物代行人“パーソナル・ショッパー”として働くヒロインは、鍵を預かり家に出入りすることで時にはプライベートも覗く。そんな彼女の抑えられない“隠された欲望”が、不可解な出来事を引き寄せ、ある日、謎のメールが届き始める―。『トワイライト』シリーズが大ヒットし、その後も話題作への出演が続くクリステン・スチュワートが、フランスの鬼才オリヴィエ・アサイヤスと『アクトレス ~女たちの舞台~』以来の2作目となるタッグ。

2016年のカンヌ国際映画祭では、「壮大かつ型やぶり!ビリビリと衝撃が走る。―タイムアウト」「意味ありげで心をかき乱される心理ミステリー。―テレグラフ」「カンヌ国際映画祭で長らく待ち焦がれていたような純粋な狂気の叫びを聞いた ―ガーディアン」と各誌から、その衝撃的な展開が称賛や物議を醸し、監督賞を受賞した話題作。3月に開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」への出品が決定している。本作では、「シャネル」が衣装協力したほか、シャネルが本店を構えるパリ・カンボン通りで撮影を敢行。さらには「カルティエ」ほか最先端ブランドショップが続々登場し、極上の心理ミステリーを彩る。

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、不可解な出来事が次々と起こる―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか?そして、何を意味するのか?

映画『パーソナル・ショッパー』は2017年5月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開!
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
2016年/フランス/105分
©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR