JAY’ED、青柳翔、Yuki Saito監督

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の公開記念舞台挨拶が7月7日(土)にユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、『Our Birthday』に主演の青柳翔と、主題歌を担当したJAY’ED、Yuki Saito監督が登壇した。

本作の脚本を読んだときの印象を「まじか・・・と思いました。英語台詞があったので、不安になりました」と振り返る青柳。しかし、「チャレンジはしないよりしたほうがいいと思いましたし、監督にこれから英語作品にも挑戦するきっかけになってほしいと言っていただいたので、チャレンジしました」と語った。そんな青柳に、監督は「勝手にLDH JAPANの人って、みんな英語がペラペラだと思っていたんです」とし、自身も青柳が英語を話せないことを知って驚いたと明かし、会場は笑いに包まれた。

主題歌を担当したJAY‘EDは「普段は映画があって、それに合わせて詩を書いたり曲を作ったりするのですが、今回は楽曲が先行ということで、とても新鮮でしたし、どのような映画ができるのか楽しみにしていました。実際出来たものを観ると、全く予想と違ったストーリーで、エンディングの曲が流れたときには、レコーディングで歌った時のイメージともまた違った印象を感じることができました」と新鮮だったことを明かした。

本作が初タッグとなった青柳とYuki Saito監督はお互いの第一印象について「過去の出演作を観ていたので、もっとクールでスタイリッシュな方がいらっしゃるのかと思っていたら、青柳さんが意外と天然で接しやすくてびっくりしました」と語る監督、青柳は「英語がペラペラだと伺っていたので、びくびくしていました」と明かした。

また、今回のショートフィルムの製作、そして楽曲について監督は「サッカーに例えると、試合時間最初から最後まで全力で走り続けることはできない」とし、「長編作品が緩急をつけながら進むのに対して、ショートフィルムは走り抜けることができるんです。長編でやると怒られるようなサプライズができるのがショートフィルムの魅力だと感じました」と振り返り、JAY‘EDは「JAY‘EDらしく歌ってくれと言っていただいたので、気負わずに歌うことができました。今まで色々な女性アーティストとデュエットしてきましたが、鷲尾さんの声は透き通る綺麗な声で、楽曲の切なさをより引き出してくれていたので、それをサポートするような気持でもありました」と語った。

さらにこの日が七夕ということで、登壇者それぞれの願い事を聞かれると、EXILEの新アルバムに楽曲のプロデュースや作詞作曲で携わったというJAY‘EDは「新しい楽曲が一人でも多くの人に届くといいなと思っています」とコメント。青柳は「今年中に監督の作品にまた出られますように」とすぐ隣にいるYuki Saito監督に願い事を直接届け、Yuki Saito監督は「被っちゃいました」としながら、「作品でできた縁を大切にしているので、また今回の映画で出会った方々と長編作品やドラマで会いたいです!」と再タッグに意欲をみせ、「今も新しい作品を撮影中なんですが、是非青柳さんにも出ていただければ」と早速のオファーに青柳は「ぜひ!」と即答し、温かい雰囲気の中で舞台挨拶は終了した。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト《-CINEMA FIGHTERS project-》の最新作。小竹正人による6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲をEXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPが歌う。松永大司監督の『カナリア』には、TAKAHIRO、塚本晋也、夏帆、石井裕也監督の『ファンキー』には岩田剛典、麻生久美子、池松壮亮、安藤桃子監督の『アエイオウ』には白濱亜嵐、木下あかり、奥田瑛二、平林勇監督の『Kuu』には石井杏奈、山口乃々華、坂東希、Yuki Saito監督の『Our Birthday』には青柳翔、佐津川愛美、芦名星、岸本司監督の『幻光の果て』には、山下健二郎、加藤雅也、中村映里子と豪華キャストが集結。

青柳翔

Yuki Saito監督

JAY’ED

青柳翔、Yuki Saito監督

JAY’ED、青柳翔

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は全国で公開中!
配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS