愛する人の死から始まる、静かに心打つ愛と再生の物語『Ce sentiment de l’été(原題)』が『サマーフィーリング』の邦題で7月6日(土)より公開されることが決定した。

哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏―。夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者達は少しずつ人生の光を取り戻していく。

本作の監督を務めるのは、第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した『アマンダと僕』のミカエル・アース監督。本作が長編2作品目となるアース監督は、「明るい光が射す夏こそ、空虚さが際立ち、激しい喪失感を感じる季節だ」と語り、それぞれの街を舞台に優しい眼差しで、哀しみを受け止める人々の繊細な心情描写を描く。撮影は、『わたしたちの宣戦布告』、『アマンダと僕』のセバスティアン・ブシュマン。夏の木漏れ日、青々とした木々の葉、行き交う人々の表情、瑞々しい夏の世界を16mmフィルムで切り撮る。

ローレンスを演じるのは、『リプライズ』『オスロ、8月31日』などのヨアキム・トリアー監督作品で頭角を表したノルウェーのアンデルシュ・ダニエルセン・リー。ゾエには、ステファヌ・ブリゼ監督『女の一生』のジュディット・シュムラ。ゾエの母親役には、エリック・ロメール監督『緑の光線』のマリー・リヴェール。音楽は、ノスタルジー漂う旋律を奏でるタヒチ・ボーイ。挿入歌には、ピクシーズ、ラーズ、アンダートーンズ、ニック・ギャラリー、ベン・ワットなど、類いまれな選曲センスで夏の感じを、時に切なく、時にハッピーに彩る。細野晴臣のカバーで話題のマック・デマルコのライヴシーンも必見だ。

ストーリー

夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していく―。

映画『サマーフィーリング』は2019年7月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開!
監督:ミカエル・アース
出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ジュディット・シュムラ、マリー・リヴィエール、フェオドール・アトキーヌ、マック・デマルコ、ドゥニア・シショフ、ステファニー・デール
配給:ブロードウェイ
©Nord-Ouest Films – Arte France Cinéma – Katuh Studio – Rhône-Alpes Cinéma