“このブラは誰のもの?”―全編セリフなしのハートフルロードムービー『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱい愛を』(第31回東京国際映画祭上映時タイトル『ブラ物語』)が来年1月18日(土)より公開されることが決定した。

青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険を、全編セリフを排しながらも雄弁な極上ハートフルロードムービーが誕生した。広大な草原を走る貨物列車の鉄道運転士・ヌルラン。まもなく定年の彼の列車は、線路上にテーブルを置いてお茶を飲む男性たち、線路越しに洗濯物を干す女性たちが日常をすごす住宅街も通り抜ける。ついに最後の日。運転を終えると、列車に繊細で美しい青いブラジャーが引っかかっていた。このブラは誰の?持ち主を探すことにするが・・・。第31回東京国際映画祭コンペティション部門に出品された本作がいよいよ劇場公開される。

監督は、現代のおとぎ話の語り部と称されるドイツの鬼才、ファイト・ヘルマー監督。ロケ地でもあるアゼルバイジャンの山あいに実在した街をモデルに、青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険を、全編セリフを排しながらも雄弁な、ハートフルコメディに描きあげた。

主演は、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『アンダーグラウンド』の主演など、エミール・クストリッツァ監督作品の常連でもあるミキ・マノイロヴィッチ。見習機関士役に、『ポンヌフの恋人』『ホーリーモーターズ』などレオス・カラックス監督常連のドニ・ラヴァン。ヌルランが出会う美女たちに『ランボー』最新作、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』のパス・ヴェガ、チュルパン・ハマートヴァ(『グッバイ!レーニン』)、マヤ・モルゲンステルン(『パッション』)、など国境を越えた多彩な女優陣が出演している。

ファイト・ヘルマー(監督)コメント

昨年の東京国際映画祭での盛況を経て、本作が劇場公開されることを大変に嬉しく感激してます。日本の映画ファンの皆さん、私と一緒に夢の世界へ旅に出ましょう!

ストーリー

広大な草原を走る貨物列車の鉄道運転士・ヌルラン(ミキ・マノイロヴィッチ)。定年退職を目前に控える彼の列車は、線路と建物がとても近い住宅街をも通りぬける。そのたびに線路にテーブルを出してお茶をのむ男性たち、洗濯物を干した女性たちはあわてて線路をあける毎日。じついに最後の日、運転終えると、列車に繊細で美しい青いブラジャーが引っかかっていた。「このブラは誰の?」悩み考えたヌルランは、ついにブラの持ち主を探すこと新たな日々がはじまるが・・・。

映画『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱい愛を』は2020年1月18日(土)より新宿K’s cinemaほか全国で順次公開!
監督:ファイト・ヘルマー
出演:ミキ・マノイロヴィッチ、パス・ヴェガ、チュルパン・ハマートヴァ、ドニ・ラヴァン
配給:キュリオスコープ
© VEIT HELMER FILMPRODUCTION