今回解禁された場面写真


カトリーヌ・ドヌーヴ最新作『アンティークの祝祭』の場面写真7点が一挙解禁された。

世界的大女優にしてフランス映画界の至宝と言われるカトリーヌ・ドヌーヴが、実娘で女優のキアラ・マストロヤンニと母娘役で共演を果たし話題を呼んでいる本作 。監督は『やさしい嘘』(03)、『パパの木』(10)などのジュリー・ベルトゥチェリ。自身の終焉を察した主人公が、半生を共にしてきたアンティークを処分することで浮かび上がる「劇的な人生」と「本当に遺したい思い」を、女流監督らしい繊細でしなやかな視点で描き出した。自然豊かなロケーションに、ティファニーやバカラなどの高級アンティークが数多く登場し、ドヌーヴの毅然とした美しさが映える 。 アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生―その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマに仕上がっている。

ジュリー・ベルトゥチェリ監督はドヌーヴの白髪姿について「私は彼女の見慣れたイメージを変えたかったの。彼女はとても若々しくて、生命力にあふれている人よ。だから、彼女を老けさせないとならなかったの。クレール・ダーリングはある種の世捨て人。誘惑に対する欲望をあきらめなければならなかった。彼女は気を強く持って、最後の日のために素敵な服を着る。でもドヌーヴのきれいなブロンドの髪はふさわしくないと思えたの。私は彼女に断られるのではと思ったけれど、彼女は重要性を理解し、静かに同意した。白髪になっても彼女はまだ気高くて輝いているけれど、彼女が自分の演じる人物の年齢を受け入れることが、私にとって重要だったの」と語っている。

映画『アンティークの祝祭』は2020年4月下旬よりシネスイッチ銀座ほか全国で順次公開!
監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo