肉を食べない恐竜と飛べない恐竜が天国を目指す大冒険『さよなら、ティラノ』の主人公“ティラノ”の、誰もが怖れる肉食恐竜のティラノサウルスだが、実は心優しく、嘘のつけない正直者というキャラクターを紹介する。

地上最強の肉食恐竜なのに獲物を狩ろうとせず、暗闇を怖がるティラノサウルスのティラノ。翼が付いた恐竜なのに空を飛べないプテラノドンの少女プノンが出会い、地上唯一の楽園と呼ばれる“天国”をめざして旅をする―。シリーズ累計200万部を超える宮西達也の大ヒット絵本“ティラノサウルスシリーズ”『ずっとずっといっしょだよ』(ポプラ社刊)ほかを原作に手塚プロダクションが制作、監督は『劇場版名探偵コナン』シリーズの静野孔文。ボイスキャストもティラノ役の三木眞一郎、プノン役の石原夏織を筆頭に、悠木碧、石塚運昇などベテランから若手まで豪華声優陣が勢ぞろいした。

映画『さよなら、ティラノ』には、子どもから大人までワクワクできる恐竜世界が広がる。主人公の名前は【ティラノ】。誰もが怖れる肉食恐竜のティラノサウルスだ。親友と岩場に閉じ込められて以来、暗闇が苦手になってしまい、雨やすきま風の吹く洞窟で暮らしている。翼が付いた恐竜なのに空を飛べない、プテラノドンの少女【プノン】には「お前を食べてしまうぞ」と怖い恐竜のふりをするが、なぜか嘘だと見抜かれてしまう。実は嘘をつく時に尻尾が動いてしまう正直者なのだ。

過去に親友を亡くしてからは肉食をやめ“赤い実”しか食べなくなった。お母さんを亡くしたプノンの境遇が自分と重なり、一緒に 赤い実が豊富な「天国」への旅に出ようと決める。見た目は怖いが、実は心優しい【ティラノ】。そんな力強さと優しさを兼ね備えた主人公の声を演じるのは、ベテラン声優・三木眞一郎。

映画『さよなら、ティラノ』は2020年初夏に全国で公開!
監督:静野孔文
声の出演:三木眞一郎、石原夏織、悠木碧、小西克幸、井上喜久子、森川智之、檜山修之、宮西達也/石塚運昇 
配給:東映ビデオ
©2018 “My TYRANO” Film Partners