亡き最愛の妻に捧げる珠玉のロードムービー『百日告別』のトム・リン監督&チャン・シューハオからのスペシャルメッセージ映像が到着した。

本作は、台湾、そして沖縄を舞台に、愛する人との忘れられない記憶を辿る、喪失と再生の物語。監督は台湾新世代の有望監督トム・リン。2012年に愛する妻を亡くしたトム監督が「映画を作り続けて・・・」との亡き妻の願いを受け、自らの思いを込めて撮り上げた。主演のカリーナ・ラムは、本作が結婚・育児休業後のカムバック作品で、本作で第52回金馬奨主演女優賞を受賞した。もうひとりの主演を、台湾のスーパーバンド「Mayday」のギタリストであるSTONE(石頭)ことシー・チンハンが演じる。

今回、本作の監督であるトム・リン、本作でカリーナ・ラム演じるシンミンの亡き婚約者の弟を演じた、台湾の新世代俳優のトップを走るイケメン俳優チャン・シューハオからスペシャルメッセージ映像が到着した。さらに台湾映画史上歴代1位の興行収入を記録した映画『海角七号君想う、国境の南』が初めてミュージカル化(今年5月に台湾・高雄で上演)され、演出を担当する宮本亜門からのコメントが到着した。

宮本亜門

何たる喪失感。愛おしい人を亡くした痛みがヒリヒリ伝わり、百日かけて克服する姿がともに心の旅をしているようだった。台湾映画ならではの繊細さと、人に寄り添う温かさが満ち溢れている。

トム・リン監督メッセージ映像

チャン・シューハオメッセージ映像

映画『百日告別』は2017年2月25日(土)よりユーロスペースほかで公開!
監督:トム・リン(林書宇)
出演:カリーナ・ラム(林嘉欣)、シー・チンハン(石錦航)、チャン・シューハオ(張書豪)、リー・チエンナ(李千娜)、ツァイ・ガンユエン(蔡亘晏)
特別出演:アリス・クー(柯佳?)、マー・ジーシアン(馬志翔)
配給:パンドラ
2015年/台湾/96分
©2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B’in Music International Ltd. All Rights Reserved