STAR CHANNEL Presents『チェイサー』
©1977 – PATHE RENN PRODUCTION

今回で25年目の節目を迎える「フランス映画祭2017」では、スターチャンネルの協賛でアラン・ドロン主演のフレンチ・ノワールの傑作『チェイサー』が上映され、さらにスペシャルゲストを招いたトークイベントが実施される。

日本でいち早くフランス映画の新作を観ることが出来る機会となるフランス映画祭。第25回目の今年は、フランスの国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴが「フランス映画祭2017 団長」に就任し、主演作『ルージュの手紙』を引っ提げて来日する。さらに昨年本映画祭の団長を務めたイザベル・ユペールがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた主演作『エル ELLE』で来日するほか、バラエティ豊かなフランス映画が連日上映される。

俳優デビューから60周年を迎える節目の年に、先ごろ俳優業からの引退を宣言したニュースが話題となっているアラン・ドロン。そのアラン・ドロン主演のフレンチ・ノワールの傑作『チェイサー』が、スターチャンネル協賛でフランス映画祭2017にといて特別上映される。さらに上映後には、スペシャルゲストを招いて、アラン・ドロンの多彩な魅力に迫るトークイベントが実施される。アラン・ドロンの魅力を、大スクリーンで楽しめる貴重な機会をお見逃しなく。

スターチャンネル presents 『チェイサー』トークイベント付き特別上映
上映日時:2017年6月25日(日)17:10 開映
上映会場:有楽町朝日ホール
スペシャルゲスト:清藤秀人(映画ライター/コメンテーター)、立田敦子(映画ジャーナリスト)

チケットは、セブンイレブン店頭及びセブンチケット(インターネット予約)にて発売中。詳しくは フランス映画祭2017公式サイトにて。

スターチャンネルでは、加入者限定の会員サービス「MY STAR CLUB」メンバーを、スターチャンネル presents 『チェイサー』特別上映に招待するほか、スペシャルでプレミアムな特典を用意。映画祭の団長を務めるカトリーヌ・ドヌーブをはじめ、豪華ゲストが登壇するオープニングセレモニーとオープニング上映、さらに豪華ゲストや映画祭関係者だけが出席できるプライベート感溢れるオープニングパーティーに、スターチャンネル特派員が派遣される。

「フランス映画祭2017」は2017年6月22日(木)~25日(日)に有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇にて開催!