靴工場を舞台に自立していく女性を描いた心躍るフレンチ・コメディ・ミュージカル『Julie and the Shoe Factory(原題)』が『ジュリーと恋と靴工場』の邦題で9月23日(土・祝)より全国で公開されることが決定した。

フランスから郊外で社会のルールに沿って生きる女性が自立していく姿を“ジャック・ドゥミ”テイストで仕上げた社会派ロマンチック・コメディ・ミュージカルが日本に上陸する。25歳、職なし、金なし、彼氏なしのジュリーがやっと手にしたのは、フランスのロマン市にある靴工場での仕事。しかし、そこは近代化の煽りを受けて工場閉鎖の危機に直面していた。ジュリーと女性靴職人たちは、“戦う女”と名付けられた赤い靴を武器にこの危機を乗り超えようとするが―。監督は、本作が長編デビューとなるポール・カロリとコスティア・テスチュ。ジュリー役をポーリーヌ・エチエンヌが演じる。

2017年のパームスプリングス国際映画祭で新人監督賞にノミネートされ話題となった新鋭コンビ、ポール・カロリとコスティア・テスチュがメガホンを取る本作。現代女性の葛藤を抱えるジュリーを好演する、ポーリーヌ・エチエンヌ(『EDEN/エデン』)のくるくると変わるキュートな丸い瞳は躍動感と生命力にあふれ、思わず共感してしまうことだろう。また、靴や洋服の計算され尽くした色や配置と本物のダンサーを起用したフランスらしいコケティッシュな踊りと歌に、いつのまにか魅了されてしまう。

映画の舞台となったフランスのロマン市は、元米大統領夫人ミシェル・オバマ御用達のロベール・クレジュリーや、かつてはシャルル・ジョルダンの工場もあった、実際に高級靴の生産地として有名な地域として知られている。劇中で使われている靴や靴箱は、現地で作られたものを採用しているなど、歌や踊りだけでなく、細部にまでこだわりを感じさせる。

田舎町に住むジュリーは、就職難の末ようやく高級靴メーカーの工場で試験採用を手にする。そんな中、靴職人の女たちは迫る近代化の波でリストラされることを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こす。巻き込まれたジュリーはあやうくクビになりかけるが、ほのかな恋の予感も―。職人の意地とプライドをかけてアイデンティティを求める勇ましくたくましい女たちとともに靴工場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸せを手にすることができるのか?

映画『ジュリーと恋と靴工場』は2017年9月23日(土・祝)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国で公開!
脚本・監督:ポール・カロリ、コスティア・テスチュ
出演:ポーリーヌ・エチエンヌ、オリヴィエ・シャントロー、フランソワ・モレル
配給:ロングライド  
© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA