花江夏樹×ヴィクター

ひとりぼっちの少女がパリでバレリーナを目指す夢に恋する物語『フェリシーと夢のトウシューズ』で土屋太鳳演じるフェリシーの幼馴染役の日本語吹替え版ボイスキャストを人気声優の花江夏樹が務めることが決定した。

物語の舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中の花の都パリ。パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた少女は、元バレリーナと運命的に出会い、情熱と勇気を胸に新しい世界に飛び込む。セーヌ川にかかる橋の上、エッフェル塔の下、賑やかなお店でフェリシーは軽やかに跳ね、優雅に踊る―アニメーションだからこそ描けた魔法のようなきらめきと、その躍動感に目も心も奪われる。声の出演に、エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンが参加。フェリシーの何度でも立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子供たちも、思わず心が踊り出す―。

今回、幼馴染のフェリシーとともにそれぞれの夢を叶えるため、共に施設を抜け出しパリへと向かう幼馴染ヴィクター役を花江夏樹が演じる事が決定した。ヴィクターの夢は偉大な発明家になること。パリへ行くための脱走計画をフェリシーに持ちかけるヴィクターは、常に大口をたたく明るい性格で、バレエに魅せられ夢中になるフェリシーをそばで励まし、勇気づけてくれる大切な存在。持ち前のユーモアと好奇心で駆け回るヴィクターは、フェリシーが飛び込んだバレリーナ達のいる世界とは違う、パリの街角、建設中のエッフェル塔や市井の人々と触れ合い、新しい世界を切り開いていく。

花江夏樹(ヴィクター役)コメント

―初めての外国語アニメーション映画に出演となりますが、本作のオファーを受けた時のお気持ちをお聞かせください。
嬉しかったですね。(外国アニメーションの吹替えには)元々凄く興味があったので、収録が待ち遠しかったです。
―演じたヴィクターの印象はいかがですか?自分と共通する部分はありましたか?
ヴィクターはおっちょこちょいでお調子者ですが、いざという時に頼りになる、個人的にはとてもカッコイイ男の子だと思います。機械や細かい造形の物が好きなので、ヴィクターの発明品はどれも魅力的ですね。

オリジナル版では、『アメイジング・スパイダーマン2』やPRADAキャンペーンモデルとして抜群の存在感を放つデイン・デハーンが務めているヴィクター。フェリシー役のエル・ファニングとともに魅力的なキャラクターに仕上げているが、日本語吹替え版の土屋太鳳×花江夏樹コンビにも期待がかかる。

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.