300名ものユダヤ人を救った一人の女性を描いた『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』で主演のジェシカ・チャステインが初来日することが決定した。

本作は、第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナがユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた知られざる感動の実話。当時迫害されていたユダヤ人を動物園の檻に匿い、300名もの命を救うという奇跡を起こした夫婦。人も動物も母性で包み込むアントニーナの深い愛情。主人公アントニーナを演じるのはジェシカ・チャステイン。自らの命の危険を冒してでも、ナチス・ドイツに対して勇敢に立ち向かっていった強い信念は絶望の淵へ立たされたユダヤ人たちを勇気づけ、大きな希望となった。本当に大切なものを見つめる心、戦争でも奪えない命の輝きを描いた珠玉の名作が誕生した。

今回、本作で主演のジェシカ・チャステインが初来日することが決定した。アカデミー賞作品賞ほか多くの賞レースにノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』で主演を務めて世界の注目を集めたジェシカ。今年は2本の主演作が日本で公開され、今後「X-MEN」シリーズ最新作で悪役として出演、グザヴィエ・ドラン監督作で主演を務めるほかにも、多くの作品に出演することが発表されており女優としてひっぱりだこである一方で、プラダの広告塔やラルフローレンの顔としても活躍するなどファッション業界でも注目を集める。

そんな彼女が主演・製作総指揮を務める『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』をひっさげて11月下旬に初来日する。ジャパンプレミアに登壇を予定している。今回来日するタイミングは『ソーシャル・ネットワーク』『スティーブ・ジョブズ』などのオスカー脚本家アーロン・ソーキンが監督デビューを飾った話題作『モリーズ・ゲーム(原題)』の北米公開(11月22日)とほぼ同タイミングのため、注目が高まること間違いなしだ。

映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は2017年12月よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国で公開!
監督:ニキ・カーロ
出演:ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン
配給:ファントム・フィルム
©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.